道の日記      


@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2015年06月03日

もう。。梅雨に入るのか。。早いな。。

復職はまだ見えて来ない上に、あの、ヘルニアにも、精神的にもあんまり良くない梅雨がやって来ますね。。

この期間に、復職出来る気がしないです。。

梅雨のせいにしてはいけないのですが、そうしてしまった方が楽になれるかな、、とも思います。。

僕の身体は、非常にメンタルに依存しています。。

最近、良く分かりました。

と、いうことは、メンタルを上向きにしていれば、身体もそうなっていく、ということなのですよね。。

これが、一人では、なかなか難しいことなのですよね。。

そういう意味でも、人は決して一人では生きて行けないもの、、ってことが分かります。。


とにかく、自力で無理なら、他者の力をお借りしてでも、沸き上がる不安を排除していかなければいけませんね、、私の課題です。。

『なるようになるさ』で行かないと。。

それに、死ぬほどの病気ではないし

ずっと働けない、、、とは思えない程度だし

梅雨が明けた頃、復帰、出来たらいいなぁ、、て感じです。。

ただ、バイクに乗れないのが痛いです。。

まあ、バイクも、梅雨に入ったら元気でも乗れないことの方が多いから、これも仕方ないか。。

では、また。







posted by えーる at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 頚椎症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

休職生活。。終止符はいつ。。

病気療養により、休職して2ケ月半が過ぎました。

さすがに、長いです。

最初の頃は働けないほどの、、というか、何もしてなくても、常時激痛でしたから、『働かなきゃ』という気持ちなんて全く消失してたのですが、、

1ケ月過ぎると、少し焦り出し、2ケ月過ぎるとかなり焦って来ましたね、、

『治ってないんだから仕方ない』って、理屈では分かっているのですが、性格上どうしても、『早く働けるようにならなきゃ』って、思いますね。。

前回、その焦りで失敗したから、同じ失敗は繰り返すことはないですが、それでも、焦りは出ますね。。

まあ、あとどれくらいで、実際に現場復帰出来るのか分かりませんが、働ける方向に進んで来た証拠ですね。。

もう少しの辛抱なのでしょう。。

辛抱、、僕の1番苦手なことですが。。

この中途半端な期間の何とも言えない焦ったさが、治癒を遅くしてしまうのでしょう、、

楽しいことだけ考えよう。。

では、また。






posted by えーる at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 頚椎症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

頚椎症状再発。。

頸椎症性神経痕症が再発してしまいました、、
これくらいなら、仕事終わりに治療院に通ってなんとかやっていけるかな、、って思ってたのですが、、

痛みが常時続くようになり、手のしびれが増して来て、、

とうとう、ちゃんと眠れなくなってしまいました、、

とういうことで、休職することになりました、、

鬱病になった前回を思い出します、、

前回の失敗は、ギリギリまで耐えていたこと、そして、焦って早く仕事に復帰しようとしていたことですから、今回はゆっくりゆったり治して行こうと思います

自分がいなくても困る人はいない

多少所属チームの一人あたりの仕事量が増えてしまうけど、復帰してから返せばいい

と、思うことにしました、、

でないと、心がまた病んでしまいますから

自責の念が1番厄介です

身体が病んでるのに、心まで病んでしまっては復帰どころじゃありませんからね

前回の反省点です

やむなく休職しなければいけなくなってる方、焦らずにゆっくり治して下さい

それから、休職出来ない、と思って無理している方、考え方を変えて下さい

治してから頑張ればいいんです

無理していいことなど一つもありません

無理がたたる、という言葉がありますが、無理は必ずたたると思って下さい

そして、自分にも、自分を本当に必要としてくれる人達にもさらに大きな損失を与えることになります

どうぞ、休んで下さい

一度失敗した者からのアドバイスです



posted by えーる at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 頚椎症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

医療に求められるもの

知人が癌治療を始めて1年が経ちます、、
現代では癌に対する認識が、昔のように、死に直結している、、って感じは薄れているような気がします

良いことです


医学の躍進により、限局されたもので、早期ならかなり高い確率で根治出来るようになってますし、進行していても、色んな治療方法が進歩しているので、根治していなくても5年、10年と、長い年月生存している方はいらっしゃいます、、

また、最近では、癌は大きくならなければ治療する必要はない、、という見解を持っているドクターもいると聞きました、、

癌は、元々は自分の細胞です

何らかの理由で悪性化してしまったものです

良性化しなくても、それ以上悪化しなければ取り除かなくても、共存していける可能性はある、、という考え方でしょうか、、

辛い治療で心身を疲労させてしまうより、経過観察で様子を見ながら、、って方法は、罹患している人の生活の質を重視する考え方です

癌は恐れなくてもいい、、って時代はそんなに遠くないかも知れません、、

色んな選択肢があっていいと思います、、

身体が病んでいても、心が病まなければ、人は充実した日々を送ることが出来ると思います

でも、、それは、難病の原因を解明したりするのと同じ様に凄く難しくことなのに、医療が進歩した現代においても、その部分は罹患している本人任せにしている感があるのが残念ですね、、

医療が病と戦っている人のためにあるなら、そこの部分も一緒に進歩して行ってもらいたいですね

進んでいないとは言いませんが、追いついていない様な気がするのは私だけでしょうか

では、また。




posted by えーる at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2015。。新年あけまして。。

明けましておめでとうござい。。
新しい年を迎えることの喜びを感じるような年齢になったんでしょうか、、

今年は何かいつもと違う年越しでした、、

と言っても、何か特別なことが年の瀬から年明けにかけてあった訳ではないのですがね、、

単純に『新しい年が始まった!』っていう気持ちになっただけなんです、、

ただ単に新たな年に喜びを感じるなんて、、

今までなかった感覚です、、

今年、何かあるのかな、、ってワクワクします、、

去年何もなかった訳じゃないんですがねー、、

結構色々ありましたから、、

病気の方は、一定の薬でとても安定していまして、よっぽどのことがない限りは仕事に行けなくなることはないですね、、

服用をサボる、、というか忘れると、、『あれ?、、なんだ?、、辛い?、、』ってなりますが、、

そこで、『ああ、飲み忘れてたか、、』ってくらいですから、結構いい状態なんでしょうね、、

死にかけてから、7〜8年は過ぎましたね、、

本当に、ゆっくり階段を登るようにここまでやって来ました、、

薬は飲んでますが、病気になる前より物事を多面的に見られるようになり、かといって自分の正義は揺るぎないもので確固として存在していて、それでいて、色々なトラブルに対して良いところに着地点を持って行けるようになりましたね、、

メンタルが成長したといえます、、

あの苦しかった経験が僕を成長させてくれたんです、、

強く優しく、、

だから、具体的には分からなくても、新たなことが始まることにワクワク感と喜びを感じるのでしょうね、、

さーて、今年も、

いや、これこらも、、

悔いのないように生きるぞー!


では、また。



posted by えーる at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

ボーナスが。。バイクに。。

今年の冬のボーナスがここ近年低迷してましたがやっと増えました

わずか0.2ヶ月分ですが、共働きなのでその2倍になり、結構な金額になります

気持ちに余裕が出来ますね

今年は、ボウリングを再開したり、バイクを4台購入したりして、かなりお金を使った感じがあったので

『金は天下の周りもの』とは、うまく言ったものだと感心してます

と思いながらも、『バイクもう一台買えるやん!』て購買欲も出でしまってますが、、笑

もう一台欲しいバイクがあるんですよね、、

実際のところは、置く場所の問題があるので思案中、、、、

もう一台買ってしまうと、あるバイクを駐車場から出す為に手前のバイクを移動させる必要が生じてしまうんですよね、、

出来れば、乗りたい時にサッと出して乗りたいですからね、、

今でも普通乗用車1台は必ず動かさないといけない状態なんですよ、、

また、盗難防止の為に一台一台特殊な鍵やアラームなどをセットしてるので、それらを解除してからなので、『よし!バイク乗ろう!』て思っても乗り出しに20分はかかります、、

それでも、バイクに乗りたくて乗りたくて仕方ないです、、

一台のバイクでは飽き足らず、気がついたら7台になりました、、

実は、7台目は納車待ち状態ですが、既にもう一台欲しいと探してるのです、、

自分でもちょっと病気かな、、と思ってしまう今日この頃です、、

でも、人生一回しかないんだな、、と思うと、他人に迷惑かける訳じ
ゃないんだし、何で迷う必要があるんだ?、、って買う方に意識が傾いて行きます、、笑

では、また。






posted by えーる at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

本音の『社交辞令』。。

『社交辞令』はウキペディアによると以下のように記されています。




『社交辞令(しゃこうじれい)とは日常から行事、風習などといったあらゆる場面での人間付き合いにおいて、物事を円滑に進めるために発言することが望ましいとされている挨拶や相手を誉める言葉。これは行うことにより相手に対して本音を言っている場合と、止むを得ずであったり利益のために相手に対して不本意や偽りの態度をとっている場合とが存在する。2010年には深く考えずに軽い気持ちで相手を誉める傾向が強いという社交辞令女子なる女性が増えていると報道された。』

社交辞令は、対人関係においてトラブル回避のために、見かけ上、友好的、好意的にやり過ごすためにあるもので実際は本心でないもの、、

というのが僕の認識でしたから、

長〜い間誤認していた訳ですね。。

本音の場合もある、、そうです。

でも、大体は悪い意味(どちらかというと本音じゃない)で使う場合が多いでしょうから、

『社交辞令』を受けて、もしも相手からの言動に本音を感じた場合は、

『本音の社交辞令?』と、、確認しなければならないのでしょうか、、笑?

でも、相手に『社交辞令』に本音の場合もある、、という認識がなければ、

『ん?、、本音の社交辞令?、、この人何言ってるの?』、、てなりますね、、苦笑

一般的には、社交辞令は本音でない場合を言うわけですから、本音かどうかを確認するのは『この人頭おかしいのかな、、、?』て思われますから、やめておいた方が無難ですね、、

人間関係で必要な明らかな嘘、、

明らかだから、許される嘘なんでしょうね、、

「人間の裏表に虫唾が走る」と言う息子には、『社交辞令』は当然許せないことです、、


彼に足りないのは柔軟な心、、

僕はとりあえず、ウキペディアを読んであげて、

『本音の場合もあるよ』と教えてあげました。。

まだまだ多感な十代、、しなやかな心になるように育てて行こうと思います。。

では、また。










posted by えーる at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

決意の夜。。

『動物と違って人間は純粋じゃない』という息子

息子にとって『悪人』とは『自分の心に正直に行動しない人』らしい。

『良い行いをしよう』と思って良い行いをするのはもちろん『善』だが、

『悪い行いをしよう』と思って悪い行いをするのも『善』に値すると言う。

後者を『善』と捉える彼には、彼なりの理由があった。

人間の裏表が虫唾が走るほど嫌いらしい。

なんとも彼らしい理由だ。

ただ、人として人の中で生きて行かなければならない以上、彼のその考えはその後の人生のにプラスになるとは思えないので、僕は父としてしっかり指導していく。

そんな会話を息子とし、心に決めた夜だった。

では、また。







posted by えーる at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

バイク買い過ぎ?

バイクをもう一台買ってしまいました、、
衝動買いではなく、半年以上前から購入を考えてたバイクでして、一度は断念したのですが、とても安く売っていたので、買ってしまいました、、

1980年代の2スト250ccで、
不人気だったのであまり売れなかった珍しいバイクです。

基本、僕の乗ってるバイクは旧車で、新しくても25年前のもの、、

どのバイクも乗るたびに、『こいつ凄いなー』って感心します。

どいつも元気に僕の期待に応えてくれます。

あ、7月から長期入院しているバイク以外は、、、
です、、(彼、まだ修理から帰って来ません、、)

さて、その新しく仲間に入ったバイクですが、先日、高速道路で180km/h出しました、、

見た目はボロいんですが、走るとメッチャ速いです。

2ストですから白煙まき散らしてしまいますが、、とにかく、メッチャクチャ速い。

爽快でした、、

捕まったら一発免停ですが、、

法定速度なんて守ってられません、、

『こりゃ、ただ転倒しただけで病院行きかな、、、』なんて思いながらも、アクセルを開け続けていました、、

捕まる雰囲気を感じたら減速し、しばらくしてまた加速、、

なんて走りを楽しんでいました。

そんな僕ですが、高速道路でバイク走行時に捕まったことは一度もないのですが、一般道で、チョットした超過速度や一時停止無視で捕まったことはありますが、、

まあ、飛ばすときは他人に迷惑かけないように、、と思って運転していますから、事故る時は転倒自損事故でしょう、、

今までもそうですから、、苦笑

救われた命ですから大切にしつつ、でも、後悔しないようにやりたいとこをやって行こうと思っています、、

実は、もう一台欲しいバイクがあるんですよね、、


さぁ、どうしようか、、


では、また






posted by えーる at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

息子との会話。。一致した考え。。

息子『俺、○○と別れたわ』

僕『そか、お前が選んだ道やな、大丈夫か?』

息子『うん、手紙も書いたし、踏ん切り付けないと、今、1番大事なのは勉強だし、今のあいつは、俺の状況より自分の気持ち優先してる感じだし、邪魔してるとしか思えないから』

僕『そのことに自分で気が付かないと意味がないから静観してたけど、そうか、やっと気が付いたか、これからお前の本気を見せてもらえるってことやな』

息子『俺はいつも本気だけどね 笑』

僕『甘いけどな 笑』

息子『それも分かってた 笑』

僕『まあ、受験勉強は孤独との戦いや、ストレス溜まって来たら遠慮なく言え、要求に応えてやるから』

息子『うん ありがとう』

↑これが、昨年度末の僕と息子の会話です。

それから数カ月後、偶然二人は再会する、、、

息子が人伝いに聞いたことを本人(元カノ)に確認することから会話が始まった、、

息子『よう、久しぶり、俺のこと1年しか待ってくれないんだって?』

元カノ『1年も待ってるか分からないよ、2年目は私から動くし』

というやりとりがあったことを僕に話してくれました、、

僕『「2年目は私から動くし」、ってのは、お前が2浪目に突入するってのに元カノから(また付き合おう!って)お前に告るってことか?』

息子『んな訳ねーじゃん、あいつだよ、他の男んところに行くって意味でしょ 笑』

僕『そか、じゃあ落ちた場合、2年目のモチベーション保つのキツイな?、1年でなんとか受からないとな』

息子『うん、だから言ってやったぜ、「あと7ヶ月待ってろよ、ちゃんと俺が告ってやっから」、ってね 笑』

僕『お、 かっこいいやんけ 笑』

数年前、
『女なんて、裏表があって信用出来ない、男に気に入られようとしてるのが丸見えで気持ち悪い、バカでブスばっかだし』ってよく言ってて、全く女を相手にしてなかった息子が初めて認めた娘。

面白いのが、中学3年の頃、『お前、どんな娘がいいねん?』て尋ねた時、『やる気のない子、静かな子、ほっといてもいい子、必要なことしか話さない子』て即答してたんだけど、

その元カノは真逆、、 笑

息子曰く『人を好きになるのに理由はないと思う』だって。。笑

僕もそう思います、、
『◯◯だから好きになった』、というなら、もしもそのその理由が無くなったら好きじゃなくなるということになる。

お金だっり、健康だったり、ルックスだったり、優しさだっり、価値観だったり、、、

『好き』っていう感情は本能なん
 だと思う。好きになった理由や根拠を説明出来るならそれは本気とは言えない。


僕たち人間が、動物たちの愛情に疑う余地がないのは、それが超純粋だから、、、

言い換えると、本能だからなんだと思います。


僕と息子の一致した考えでした。


では、また。




posted by えーる at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする