『子育て』の終わり。。(続き): 道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2016年02月07日

『子育て』の終わり。。(続き)

前回の続きです

僕にとっての『子育て』の終わりとは、、

行き着いたところは、、というと、、

子が親になり、今の僕と同じような思い、つまり、自分のとっての子育ての終わりについて考えるようになった時、とすることにしました、、、

確実に、社会人としてはもちろんのこと、人としても、親としても成長しているはずですからね、、

ただ、そうすると、僕の子育てはまだまだ終わらない、、ということですよね、、

経済的支援は必要なくなりますが、これから子ども達が更に成長していく上で必要な情報を提供したり、相談に乗ったりしながら、

最も近しい先人として、彼らの人生をサポートして行こうと思います

基本は、『干渉せず、そして放任せず』です

社会人1年生2年生なんて、まだまだ未熟です 

自分のその頃を振り返ると、ガキもいいところです

50年以上生きて来て、やっと、人としてまだまだだなぁ、、と思っている僕ですし、

生きていることだけで苦しかった、自死の念慮を抱いていた期間を乗り越えた現在でも、

まだまだだなぁ、、って思ってます

最近よくニュースで、普通の子が、普通の大人が、大した理由でもないのに悪に染まる話題を耳にしますよね、、

法的に裁かれなければいけない程の犯罪に手を染めてしまう、、

そんな事件が、普通にテレビから流れて来ます、、

ストレス社会になってしまったことが大きな要因でしょう、、そしてストレスを解消する手段や方法が多様化して、それを容易に実行に移せる世の中になったということが、その背景にあると思います

だからこそ、社会秩序を守って生きていく上では、自分の精神をコントロールすることが、とても重要な鍵を握っています

そして、これからの若者達に、そのことを習得させていくことが、先人の役目の一つとして大切なことだと思います

社会に出でしょうも、先輩達の指導を受けるのは、その大半は仕事に関することです

人との繋がりが希薄になってゆく世の中、、

人間形成まで含めた指導を会社ぐるみで取り組んでいるところは、めったにありません

利益追求を最優先してしまうのが、企業組織ですからね、、

人間は、色んな分野で、発見や、研究を重ね、新しい物をどんとん造って来ました

倫理問題に触れることも増えました

もう、何でもあり、、というか、、人間が自然界で生かされていることに対して、

なんか、無視してるかのよう、、


僕が100年後の人間たちの事を考えるのは、無意味なことかも知れませんが、100年後も200年後も、僕の遺伝子を受け継いだ者たちがいると思うと、少しは考えてしまいます

どんな世の中になっているのでしょうね、、

『子育て』の終わり、、というものを考えている内にこんなことまで考えてしまいました、、

とにかく、僕のにとっての子育ての終わりは、

子が親になり、今の僕と同じように子育ての終わりについて考えるようになった時、とすることにしました

では、また。



posted by えーる at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。