医療に求められるもの: 道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2015年02月15日

医療に求められるもの

知人が癌治療を始めて1年が経ちます、、
現代では癌に対する認識が、昔のように、死に直結している、、って感じは薄れているような気がします

良いことです


医学の躍進により、限局されたもので、早期ならかなり高い確率で根治出来るようになってますし、進行していても、色んな治療方法が進歩しているので、根治していなくても5年、10年と、長い年月生存している方はいらっしゃいます、、

また、最近では、癌は大きくならなければ治療する必要はない、、という見解を持っているドクターもいると聞きました、、

癌は、元々は自分の細胞です

何らかの理由で悪性化してしまったものです

良性化しなくても、それ以上悪化しなければ取り除かなくても、共存していける可能性はある、、という考え方でしょうか、、

辛い治療で心身を疲労させてしまうより、経過観察で様子を見ながら、、って方法は、罹患している人の生活の質を重視する考え方です

癌は恐れなくてもいい、、って時代はそんなに遠くないかも知れません、、

色んな選択肢があっていいと思います、、

身体が病んでいても、心が病まなければ、人は充実した日々を送ることが出来ると思います

でも、、それは、難病の原因を解明したりするのと同じ様に凄く難しくことなのに、医療が進歩した現代においても、その部分は罹患している本人任せにしている感があるのが残念ですね、、

医療が病と戦っている人のためにあるなら、そこの部分も一緒に進歩して行ってもらいたいですね

進んでいないとは言いませんが、追いついていない様な気がするのは私だけでしょうか

では、また。




posted by えーる at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。