道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2014年09月16日

息子との会話。。一致した考え。。

息子『俺、○○と別れたわ』

僕『そか、お前が選んだ道やな、大丈夫か?』

息子『うん、手紙も書いたし、踏ん切り付けないと、今、1番大事なのは勉強だし、今のあいつは、俺の状況より自分の気持ち優先してる感じだし、邪魔してるとしか思えないから』

僕『そのことに自分で気が付かないと意味がないから静観してたけど、そうか、やっと気が付いたか、これからお前の本気を見せてもらえるってことやな』

息子『俺はいつも本気だけどね 笑』

僕『甘いけどな 笑』

息子『それも分かってた 笑』

僕『まあ、受験勉強は孤独との戦いや、ストレス溜まって来たら遠慮なく言え、要求に応えてやるから』

息子『うん ありがとう』

↑これが、昨年度末の僕と息子の会話です。

それから数カ月後、偶然二人は再会する、、、

息子が人伝いに聞いたことを本人(元カノ)に確認することから会話が始まった、、

息子『よう、久しぶり、俺のこと1年しか待ってくれないんだって?』

元カノ『1年も待ってるか分からないよ、2年目は私から動くし』

というやりとりがあったことを僕に話してくれました、、

僕『「2年目は私から動くし」、ってのは、お前が2浪目に突入するってのに元カノから(また付き合おう!って)お前に告るってことか?』

息子『んな訳ねーじゃん、あいつだよ、他の男んところに行くって意味でしょ 笑』

僕『そか、じゃあ落ちた場合、2年目のモチベーション保つのキツイな?、1年でなんとか受からないとな』

息子『うん、だから言ってやったぜ、「あと7ヶ月待ってろよ、ちゃんと俺が告ってやっから」、ってね 笑』

僕『お、 かっこいいやんけ 笑』

数年前、
『女なんて、裏表があって信用出来ない、男に気に入られようとしてるのが丸見えで気持ち悪い、バカでブスばっかだし』ってよく言ってて、全く女を相手にしてなかった息子が初めて認めた娘。

面白いのが、中学3年の頃、『お前、どんな娘がいいねん?』て尋ねた時、『やる気のない子、静かな子、ほっといてもいい子、必要なことしか話さない子』て即答してたんだけど、

その元カノは真逆、、 笑

息子曰く『人を好きになるのに理由はないと思う』だって。。笑

僕もそう思います、、
『◯◯だから好きになった』、というなら、もしもそのその理由が無くなったら好きじゃなくなるということになる。

お金だっり、健康だったり、ルックスだったり、優しさだっり、価値観だったり、、、

『好き』っていう感情は本能なん
 だと思う。好きになった理由や根拠を説明出来るならそれは本気とは言えない。


僕たち人間が、動物たちの愛情に疑う余地がないのは、それが超純粋だから、、、

言い換えると、本能だからなんだと思います。


僕と息子の一致した考えでした。


では、また。




posted by えーる at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

とうとう。。やってしまった。。



再燃したボウリング熱ですが、、とうとうしばらく出来なくなりました。やってしまいました。。投げ過ぎです。。常時手首痛になってしまいました。
まあ、でも、休めばいつか痛みは薄れていくでしょう。

ボウリング熱が冷めた訳ではないので、しばらく投げられないのはストレス溜まりますが、仕方ないです。生活に支障が出るレベルの痛みなので、、苦笑、、

いや、待てよ、、これを機に左投げをまじで練習するか、、(遊びでたまに投げることはあるので)

、、なんてことを考えています。


一般的に、
右手の痛みが引き、また右手で投げられるようになる、、っていうことが、そう遠くない将来に見えているから『休む』という選択肢を選ぶ訳ですが、これが完全に右手で投げられない状態になったとしたら、大体のボウリング好きは左投げに挑戦しますよね。。


右手、治らない可能性は殆どないですが、、右で投げられるようになった時に、なんらかのプラスになる気がする、、左投げ、、まじて挑戦してみようかな、、

では、また。




posted by えーる at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。