道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2014年07月21日

エアコン。。力尽きる。。

先日、エアコンが壊れました。
スイッチを入れると、風は出るのですが、送風状態で冷風になることはなく、しばらく(2〜3分)すると『ピー!ピー!』とエラー音が鳴って止まってしまうのです。

室外機を見てみると動いていませんでした。

ネットで調べたところ、大体の場合室外機の基板交換になるらしく、(コンプレッサー自体の故障は殆どないようです)、基板交換だけでも2〜3万円するそうで、10年以上使用しているなら買い換えた方が得策らしいです。てなことを書いていました。

ということで、買い換えることにしました。決断は早かったです。何しろ16年も使っていましたからね。

今まで使用していたのは、2.8kwのものだったのですが、これって大体木造家屋の10畳用で、購入当時『エアコンは大きい方がいいですよ、小さいものだと常に「強」で使わなきゃいけない上に十分に冷えませんから』という言葉を信用してそれを選んだのですが、

まあ、対面キッチンの分を合わせると15畳くらいあるので、流石に6畳用2.2kwでは心もとないかな、、とは思っていたのですがね、、台所は熱を出しますし、、

ところが、最近、2階の6畳部屋のエアコンの強力さを実感することが多くて(因みにエアコンじゃなくて単なるクーラーです、要するに冷房専用です、、工事費込みの39800円でよく売ってる奴です。)、、

この冷え具合なら、リビングでも通用するのでは、、と思っていたんですよね、、何故なら、真夏、夜ですけど、微風でもキンキンに冷えてましたから、、

という訳で、今回、15畳くらいあるリビングに工事費込みで39800円の2.2kwの単なるクーラーを取り付けました。チャレンジです。

正解でした。

めっちゃ冷えます。笑
身体の芯まで冷えます。笑

妻曰く『冷えるけど、身体に優しくないエアコンだね、、』というくらい冷えます。笑

余計なものの付いていない昔ながらのクーラーて奴ですね。

ということは、現在、いや、過去から現在にかけて一般家庭用に作られてる大きなエアコン(電力量の大きなタイプ)は、ひょっとしたら、オーバースペック、、、

『6畳用として、大体2.2kwだろう』と開発されたものが、実は15畳の部屋を十分冷やす力があった、、ということが後から分かった、、ところがメーカーは利益が欲しいからその事実を公けにせず、電力を喰う物を作り続けてる、、エコタイプと言いながら、、

てことになりますね、、

まあ、真実は分かりませんが、、

この記事を信じてのチャレンジは、自己責任でお願いします。

では、また。


posted by えーる at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

水道。。故障。。


先日、風呂場の水が出なくなり、妻が大騒ぎしていました。前から調子が悪かったのですが、シャワーとカランの切り替えのレバーがバカになって『ワー やっちゃったー、、』て騒いでいました。
水がどちらにも出ない状態のところでレバーがダメになったらしくて、空回りしていました。

夜7時半頃のことです。
僕が試行錯誤してみましたが無理で、『これは換えなあかんな、、』て結論になって、カインズホームに買いに行きました。

1セット11800円のが1番安かったのでそれを買いました。別のホームセンターに見に行く余裕はなかったので、即買いでしたね。高いかどうかも分かりませんし、調べもしませんでした。

気になったのは、工賃8000円て書いてあったことでした。

『ん? 高いな、、付け替えるだけやんなぁ、、結構面倒なんか、、特殊器具がいるんか、、』なんてこと考えながら帰りました。

もちろん、自分で取り付けられると思って、物だけ買って帰りました。

やっぱ、色々経験してみるものですね〜、、

まず、水道の元栓を閉めてから、作業開始、、取り外し&取り付けにそんなに時間はかかりませんでした。

で、開栓、、、

若干漏れてました、、パッキンの問題じゃないことは分かってましたから、もう一度元栓を閉めて、、取り付け状態の見てくれを無視して、とにかく閉められるところまで増し閉めしました。ギュッ、ギュッ、とね、、、

で、再度、開栓、、、

漏れなし

完璧でした。

斜めってしまい、見てくれは良くないですが、そんなの気にしません、漏れなければオッケーなので、、(僕は機能重視です)


めでたし

では、また。



posted by えーる at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

バイク。。長期入院。。

先日、去年の暮れに買ったバイクが故障しました。30年前にレーサーレプリカブームを巻き起こした名車です。安かったので、現車確認せずに通販で購入したのですが、納車当日に某大手バイクショップにETCを着けてもらおうと20km程走ったところでエンジンストップ、、、オーバーヒートしました。

冷却水が吹き出していました、、冬場だったのでオーバーパンツを履いていたから火傷しなくてすんだのですが、、まいりました、、

なんとかショップまで辿りついて、メカニックの人に状況説明して、購入した店にクレームの電話を入れました。とりあえず、ラジエーターキャップから冷却水が吹き出していただけだったので、キャップの劣化から来るものが原因だろうということで、キャップ交換と冷却水交換をしてもらって、請求は購入店にということで話しはつきました。

で、ETCを着けて貰って無事帰宅したのですが、後日、近場を流していると、水温計の針はレッドゾーンのすぐ手前まであっと言う間に上がってしまうではありませんか、、

しばらくすると、レッドゾーンまで行ってしまいました。

停車して冷却水がちゃんと循環しているか見てみると、回ってない様子、、

ということで、再度購入店にクレームの電話を入れました。

数日後、購入店の代理として近隣のバイク売買業者が来てくれました。無償修理してくれるとのことでした。

修理から戻ってくるのに1ヶ月くらいかかりました、、サーモスタットの故障が原因でした。

サーモスタット交換に1ヶ月、
、、

『ちゃんと直してくれればいい、急いでいる訳ではないので、
、、』とは言いましたが、、遅過ぎますよね、、

戻って来て、とりあえず近場をあまり飛ばさずに流してみました、、水温計の針は高めではありましたが、レッドゾーン直前ということはなく、一定のところでキープしていたので、まあ、よしとしました、、

ただ、別の日に高速走行したところ、すぐにレッドゾーン直前まで水温が上がり、ちょっと、回転数を上げるとレッドゾーンに入ってしまいました、、しばらく回転数を上げずに走っていると段々と水温は下がり、高めではあるが一定のところで針が止まる、、という感じでした。

『これはあかん、オーバーヒート気味やな、、いつかオーバーヒートするな、、』と思ったので水温計を気にしながら高速を降り、帰宅して事情を修理して貰った業者に説明しました。

『納車時とは違うものの、オーバーヒートが気になって、本来の走りが出来ません、夏場になったら走れる気がしません、とりあえず頭に入れておいて下さい』と、水温計の写メを付けて送っておきました。

それから数日後、運命の日がやって来ました。

高速道路走行に再挑戦してみました、、

水温計は相変わらずレッドゾーン手前まであっという間でした、、

でも、それからエンジンの回転数を上げてもレッドゾーンにはなかなか入らなかったので、『これは、いける?』と調子にのり、更にスロットルを開けました、、

水温計の針はレッドゾーンに入ったのですが、エンジンの吹けは良く、焼きつく感じも全く感じられなかったので、水温計を気にしながらも何処まで速度を上げられるかやってみました、、

4速で120kmK/hまで上げて、そこから5速、6速とギアチェンジして180km/hまで順調に、、と思っていたのですが、、

5速に入れた途端に回転数は下がり、トルクもスカスカ、、

あれ?、、て思いつつ再度チャレンジ、、、

結果は何度やっても同じでした、、

『クラッチが滑ってるのか、、』なんて思いながら、4速120km/h走行を限界点とあきらめて、折り返して帰宅することにしました、、

で、自宅近隣のスタンドで燃料をフルにしようと寄ったところ、異常に気づきました、、

Gパン膝から下はオイルまみれ、バイクは両サイドのカウルがオイルと冷却水でめちゃくちゃ汚れてました、、明らかにオイル漏れと冷却水漏れです、、

もう、購入店関連の人に見てもらう気にもクレームつける気にもなれず、スタンドから直で他のバイクでお世話になっている信頼出来るバイク屋さんに持って行きました。

状況を説明すると、『このままお返しするのは危険なのでお預かりします。』とのことで、
全てお任せすることにしました。良心的な店なので修理費が高額になってもしょうがないと思っています。
『通販だったけど、店の人も自信ありげだったし、安かったので即決してしまったんですがね、、外れだったのかな、、』なんて愚痴をこぼすと、、

『折角買ったんですから、直して乗った方がいいですよ。部品さえあればちゃんと直りますから。』と言ってくれました、、

バイク好きで良心的な人柄がその一言でわかります、、

1ヶ月くらいかかるそうです、、

でも、しっかり直してもらいたいので元気になって戻ってくるのを楽しみにしています。

因みに、エンジンOHは確実なので、数十万円の治療費となるようです、、

愛着わくでしょうね〜

では、また。



posted by えーる at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。