道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2013年08月29日

被災者の方々の立場からの視界。。

おそらく、20〜30人くらいの人がいたと思います。

皆、ほとんど無言で見ていました。。


でも、どうしても、気になる人たちもいました。。


彼らには、全く悪気はないのかも知れませんが、スマホ


や携帯(ガラケー)で写メを撮っているいる人がいたの


です。。


報道関係者が、その状況を多くの人たちに伝えるために


カメラに収めるのは納得できるのですが、スマホなどで


写メを撮っている人たちは、、


何か、、そう、、



僕には、彼らが半ば興味本位で来ているように見えて、


「被災者の遺族が見たら、とても不愉快な思いをする


んじゃないかな。。」、、なんてことを考えました。。




写メを誰かに見せながら、そこで自分に湧き上がった


感情を他者に伝えることは出来ないと思うですが。。




娘も同じことを思ったようでした。。




僕たち父娘は、ただただ、その光景を目に焼き付けて


帰ることにしました。。




しばらくお互い無言で走っていました。。


僕は、感情をコントロール出来ず、涙目のままバイク


を運転していました。。




涙目のまま走ると、風が当たって更に刺激が強くなる


ので、目を開けていられなくなりました。。




危険な状態で走っていましたね・・。




早めに高速に乗りたかったのですが、乗るポイントに


していたインターが閉鎖されていました・・。


 


僕たちは次に乗れるところを検索して向かいました。。




確か、小一時間費やしてしまったと思います。。




ようやく高速に乗ったものの、、暗くはなっていなか


ったのですが、太陽は大分落ちていて、高速走行だと、


その日の朝に感じた寒さに匹敵する寒さでした。。




面白いことが一つありました。。



僕は凍えるほど寒かったわけですから、眠たくなるよ


うなことはありませんでした。。




後部シートに座っている娘の重みを妙に感じるように


なって、時々「コツン。」、とヘルメット同士が当た


るのです・・。




「ん?、、お前、まさか、、寝てた・・?」、と娘に


訊くと、、娘は、「寝てた。」、、と、平然と言うの


です。。




僕は、「マジか・・。」、、とは言ったものの、、


「まあ、1回くらいはあるか・・。」、、と思いなが


ら、、「寝るなよ、、危ないから。」、と、言わなく


ても分かる当たり前の注意をしておきました。。




なんと、それが、3度、4度とあったのです。。




で、僕が、、「寝るなよ、、落ちるぞ。」、、と言う




と、なんと、娘の口から有り得ない言葉が返ってきま


した。。




娘は、「えぇ、、落ちるかなぁ。。」、と言うのです。




さすがの僕もびっくりです。。




危険察知能力に乏しいというか、、あるいは、よっぽ


ど自分に自信があるか、、あるいは、僕を信じきって


いるか、、




、、なんてことを思ったりもしましたが、、そんなに


眠たいなら僕が娘の腕をしっかり掴んでおけば、、、


僕自身は「大丈夫」と思えるので(、、これもおかし


なことだとは思うのですが・・)、、




「寝ていいぞ、、俺がお前の腕掴んでるから」、と言


ってやると、、今度はそれが逆に怖かったのか、、




「いい!、いい!、、起きてる!」と言うのです。。




娘のそれまでの言動からすると、「うん、わかったぁ」


、、と言って返すと思っていたので、ちょっと拍子抜


けでした。。




まあ、それは結果的によかったのだと思います。。


夜の高速をバイクで二人乗りで、後部シートの人は寝


ている状態って、、やっぱり有り得ないですよねぇ。。




僕はその状態でも、娘を落とさずに走る自信はあった


のですが、、予期せぬ出来事が襲ってきた場合には大


怪我どころが、死に直結します。。




被災地訪問の目的は、亡くなった方たちへの慰霊、、


、、同時に自分たちが生かされていることに対し感謝


するためにありましたから、、




僕の行動は、被災者の方々にある意味無礼だったの


かも知れません。命を粗末に扱っていた、と思われて


も仕方のない行いでしたから・・。




反省です。。




だからと言って、僕はバイクでかっ飛ばすことを止め


られません・・。




うつ病の僕にとってバイクでかっ飛ばすことは、生き


ていることを実感するためにあるからです。。




なんか、ひょっとすると、心に大きな傷を負った少女


が、、リストカットして血を見て落ち着く、、みたい


なものなのかも知れませんね・・。


 




「大人としてその行動はどうなの?」、、って疑問符


が付くことは分かっているのに、、




実際の行動を、改善していくことは容易なことではあ


りません・・。




例えば、「いつの時も正義でありたい、」、とか、



「一度決めたことはやり通す、」、とか、



「嘘はつかない、」、とか、




「善でありたい、」、と願っていても、自分の利益や


自分に近い人たちの利益を優先したり、、




人間関係を壊さないために、「こうでありたい。」と


願いながら、、実際にはそういう行動をとっていない


自分に気がつく時があります。。




でも、だからこそ、人間なのかも知れませんねぇ・・。




100%自分に嘘つくことなく行動している人は皆無


に等しいでしょう。。




でも、僕は、出来るだけ「自分に正直に生きたい。」


、、と願っています。。




なんか、支離滅裂ですが、今日はこれで終わります。




ある日の、ある父娘の長い一日は、まだつづきます。



では、また。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上こちらも願いします。。

posted by えーる at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。