道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2013年07月20日

世界一美しい娘の涙。。

前回のブログ↓ 
 
娘と被災地へ。。 
 
娘から予想外の言葉が返って来た

のです。。


、、というか、目からウロコ、、というか、、僕が歳をとった


、、というか、、頭が固くなった、、というか、、



娘の言葉

「え?、、行ったほうが良くない?」



「いや、ケーブルがないから・・。」



「買うしかないんじゃない?」



「ああ!!、、(買うって手があったやんか!!)」


、、ということで、ケーブルを買うべく、コンビニをiPhoneで

探したところ、近くにあったので、行ってみました。。

ところが、、「ちょっと買えないな・・。」って値段でした。。


『何でもある=コンビニ』、、と思ってコンビニを検索したの

が間違いでした。。


『100円ショップ』で検索してみると、すぐ近くにありました。


僕は外でバイクと一緒に待っていることにして、娘に買っ

て来てもらいました。。


いやぁ、、娘に再度助けられました。。(後に、何度も娘に

助けられるのですがね、、、、(笑))


、、ということで、バッテリーを気にすることなく、僕たちは

ナビを信じて目的地に向かうことになりました。。


そこから、10km強あったのですが、その道のりは交通量

が少なかったので、予想よりも早く到着することが出来た

のです。。(実際には、当初の予定より大幅に遅れていた

のですがね・・。)



土手(?)っぽい大通りを走っていました。。

大きなカーブの手前から下の方に墓標(?)、慰霊碑(?)

のようなものが見えていました。。


娘が、「ここじゃない?」、、と声をかけてくれたので、通り

過ぎることなくたどり着くことが出来ました。。


更に下の方に校舎らしき建物があり、、その建物から遠く

離れたところに数台の車が止まっていました。。


すでに車から降りて、歩いて建物の方に向かっている人

たちがいました。。


僕たちも土手(?)を降りて行き、、バイクを停めました。。

何とも言えない風が吹いていました。。


遠目で見ても、、僕たちが向かうその場所は、重々しい、、

、というか、、、悲しい、、というか・・・、、


、、とにかく、軽い気持ちで踏み込んではいけない空間で

あることが分かりました。。


僕たちは、静かにその空間に入っていきました。。


一人で来ている人の多くは、カメラを手にしていたので、、

おそらく、報道関係の人だったのでしょう。。


大多数(、、と言ってもそんなに大勢ではないですが)、、

の人は家族連れで来ていたのだと思います。。


まだ、被災のことなど全く分からない幼子を連れて来て

いる人もいました。。


僕たちは、皆が手を合わせているところへ行って、一緒

に手を合わせました。。


娘が何を祈ったのかは分かりません。。僕も娘には言っ

てないし、娘にも聞いていません。。


場所を移動して校舎の方に行くと、被災して亡くなられ

た方々の名前が刻まれた墓標らしきものがありました。


その前で、しゃがみこんで手を合わせて、長いことお祈

りをしている女性が目に止まりました。。


多分、泣いてらしたと思います。。


そこから、更に左の方にいくと、、、『何これ?!』、、と、、

一瞬とまどう光景を目にします。。


近づいてよく見てみると、、、、

無残な姿になった教室でした・・・。

(確か、黒板は残っていたような・・。)


2年前、そこは、整理整頓された教室で、、

そして、そこには元気な子供たちの声が飛び交い、、

教壇には活気ある先生の姿があったんだ・・、、


、、そう思うと、、涙が溢れてきました。。。


悔しさと悲しさの入り混じった感じの涙でした。。


ふと、娘を見ると、、


風になびいた黒髪と、瞳に光る澄んだ涙があまりにも

美しく、一瞬時間が止まりました。。


僕が今まで見た人間の涙で、一番美しいものでした・・。


不適切な表現になるかも知れませんが、、

一瞬、被災地来たことを忘れるほどの・・。



娘は泣き顔を見られるのが嫌らしく、、家族にも滅多に

涙は見せません。。


少し話がそれますが、娘の中学校の卒業式のとき、、

卒業の歌か何かを合唱するときの指揮者をやっていた

のですが、、


どちらかというと、笑顔で指揮棒を振っていたのが、何

か不思議で、、帰ってから娘に訊きました。。


僕 「何で泣かへんかったんや?」


娘 「泣くと鼻が赤くなるから嫌なの。」


僕 「そんなん気にせずに素直な心で泣けばいいのに

   ・・。」


、、と言いましたが、、、見た目を優先してしまう乙女心

も分かりました。。


まあ、そんな出来事があり、、娘の涙は、、今まで数回

しか見てなかったです。。


そして、あの日の娘の涙は、、ずっと僕の脳裏に焼きつ

いています・・。


本当に世界で一番美しい涙でした。。



まだまだ、長い一日は続きます。。


続きは、また後日アップします。。


では、また。
 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上こちらも願いします。。たらーっ(汗)
posted by えーる at 20:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。