道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2013年05月20日

着実に。。自己実現に向けて。。

前回のブログで ↓
 
 忘れてはいけないこと。。


「何故、僕が被災地に訪れることになったか、、、そして、

その日の詳細、、は後日アップします。。」、、と締めくくり

ましたが、、


その件は、更に後日、、改めてアップします。。


今日は、前に、書こうとして書いていない記事を書くこと

にしました。。


以前、『夢が増える』、、というブログをアップしました ↓
 
 夢が増える。。


が、、その内容は、10代の頃に乗っていたバイク(もう、

当然新車は売られていません)にもう一度乗りたくなって

中古バイク屋さんに、探してもらっていまして、、


依頼をかけてから、3ヶ月してようやく昨年末に手に入れ

ることが出来まして、、


良質なタマが減って来て2ストのバイクだったので、年内

は無理だろう、、、と思っていたのですが、、運良く手に

入ったのですよね。。


そのバイクは、僕が乗っていたものと、ほとんど変わら

ないカラーリングで、、しかも、前のオーナーさんが大事

に乗っていたらしく、、弱い部分を強化してありました。。


んで、、そのバイクで日本中を走り回りたい、、という夢

が一つ増えました。。という内容だったのです。。


で、実は、その夢の実現に向かっています。。


今春、3月に次男坊(高校球児)の関西遠征がありまし

て、、僕は妻を後部シートに乗せて、そのバイクで兵庫

まで行ってきました。。


宿まで片道600km以上ありました、、残り、100kmの

地点から雨に見舞われ、、凍える思いで宿に到着。。



雨は予想外(天気予報が外れました。。)、、だったの

ですが、、でも、もっと予想外だったことは、、疲労感が

ほとんどなかったのです。。


『うつ病』になって、、「もう、バイクには2度と乗れない」

、、と思っていた頃もありました。。


それが、「バイクに乗ると気分は高揚するけど、その後

の疲労感がキツイ。。」、、という頃を越え、、


今では、600kmを走っても疲労感をほとんど感じること

がなくなるほど、僕の心は回復したのでうよね。。


もちろん、薬を飲まないと気分は悪くなるし、首周りが

とても重たくなります。。


ですから、決して完治したわけではないです。。薬を飲

んでいても、、辛くなるときはありますし・・。



でも、僕が今感じていることは、、

『夢』や『希望』を持つことは、やっぱり、人が生きていく

上で必要なものなのだ、、といういことです。。


今はまだ無理だけど、、いつかきっと、、という気持ち、

、、とても大事ですよね。。


かつて、『授かったもので満足しなければ、人は幸せ

になれない』、、という内容のブログを書きました ↓
 
 授かったもの。。

 
授かったもので満足しなければ、、、というのは、、
 
与えられた時間と人間関係のことを書きましたが、、
 
 
 
さらに、付け加えるならば、、


与えらた時間と人間関係の中で、夢や希望を持ち、
 
それに向けて努力した上で、、それが自分に与えら
 
れたもの(結果)なら、、
 
 
それを素直に受け入れなければ、人は幸せにはなれ
 
ない、、、、ということになります。。



いやぁ、、、こんな日が来るなんて、、、

あの死にかけた経験はとても大きく、、僕の道におい

て、『恥』や『迷い』や『後悔』というものを拭い去って

くれました。。


今までの道(過去)はもちろんですが、これからの道

(未来)においても。。。。。。



生死を分ける、危険な経験って、、何%の人が経験す

るんだろ・・。。


全ての人が経験するわけではありませんよね。。

つまり、経験者は、ある意味で選ばれた人です。。


何か、そこに、特別な理由があるのかも知れません。。


僕は、そういうところに意味を持たすことにしています。

その方が人生楽しい(?)ですから。。


「結果には必ず理由がある。」、、と思います。。


何かに失敗しても、、それを恥じることもないし、悔やむ

ことも、迷うこともありません。。


その失敗には、その先の成功(幸せ)に繋がるための
 
理由があるからなのだ。。。と思うことにしています。。
 
 

でも、まあ、良い結果の後に悪い結果が来る、、という

こともありますけどね・・。


『人間万事塞翁が馬』

『禍福はあざなえる縄のごとし』



昔の人は、上手く言ったものですね。。


とりあえず、無事に600kmをバイクで往復出来たこと
 
は大きな大きな一歩でした。。


一つの幸福を得ました。。


辛い時間が長った僕には、、最高のひとときでした。。



では、また。。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せなとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

忘れてはいけないこと。。

2011年3月11日、東日本大震災によ、多くの尊い命

が奪われました。。


当時、僕が出来たことは、自分の家族や親戚、知人の

安否を確かめたことと、、その後の動向を見て、落ち着

いた頃に、子供たちにメールをしたことぐらいでした。。


「おそらく、学校で義援金を募るだろうから、気持ちだけ

でもいいから、必ず募金しろ、、金額の問題じゃない。」

、、と。。


僕自身は、職場で募金を募っていたのですが、、実際

には、職場では募金しなかったような気がします。


「個人的に直接何か出来ないか・・。」、、と考えたから

ですが。。


TVで、「義援金が多く集められる」「ボランティアも続々

被災地に駆けつけている」、、という内容の報道がされ

ていましたが、、、


しばらくすると、「実際には義援金は使われていない」

「ボランティアも、返って被災地に迷惑をかけるケース
 
もある」、、という報道が耳に入りました。。


「ん?、、何でや?、、それじゃあ、意味ないやん!」

、、と思ってしばらく静観していました。。


復興に向けて、義援金をどのように使っていくか、、、

、というシステム作りがなかなか出来ないことが原因

、、、のようなことが言われていたと思います。。


その頃、政権は確か民主党が握っていたはずですが、

上手くいかなかったようですね・・。


そんなことでしたから、、僕は、「募金はいつでも出来

るから、他のことで被災地が復興するための何かが

出来たらいいな、、」、、なんてことを思っていました。。


結局、僕は、子供たちにメールしただけで、何も出来

ないままでした。。


あっという間に2年が過ぎてしまいました。。


そんなある日、ある出来事で、僕は被災地に赴くこと

になりました。。


神が、僕に与えてくれた機会でした。。

、、と僕は思っています。。


実際には、僕は被災者の方々や被災地に対し、何の

力にもなれてはいないのですが、、


それでも、僕は、「僕に出来ることをした。」、と思って

います。。



何故、僕が被災地を訪れることになったか、、、
 
 
そして、その日の詳細、、(色々ありました)、、、は後日
 
アップします。。

 
 
では、また。


 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上こちらも願いします。。たらーっ(汗)


posted by えーる at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

自尊心よりも遥かに大事なものを知れば。。

自尊心を傷つけられた場合、大多数の人は怒りを現わ

にすると思いますが、、


中には、ぐっと我慢する人もいます。。


また、ぐっと我慢している、という素振りも見せず、平静

を装う人もいます。。

内心、腹わたが煮えくり返りそうでも・・。


先日、たまたま他人(2人)の会話を聞いたのですが、、

こんなことを言っていました。。


一方の人が、、

「俺はプライドを傷つけられたら、老若男女を問わず、、

容赦しない、、、場合によっては殺す。」


これを聞いたもう片方の人は、、

「まじ?、、いくらなんでも殺すまではいかないだろ?」

、、と聞き返しましが、、


その人は、、

「いや、本気で殺す、、俺は殺せる。。」

、、と言うのです。。


たまたま耳にした会話でしたが、その「殺す」、と言い

放った彼の語気は強く、、本気のようでした・・。


さらに、聞いていると、、


「俺、女の髪掴んで、ぶん回したことあるし。。」

、、と武勇伝のように語っていました。。


僕は、、「ああ、、この歳になってそんなことを恥とも思

わずに語れるのかぁ、、あかん、こいつ、アウトや・・。」

、、と思いました。。


プライドが高いことが格好良いことだ、、とでも思って

いるのでしょうか・・。

他人に自尊心を傷つけらても、自分に自信があれば

何てことないのに・・。


、、そんなことを思いながら聞いていました。。


殺さなけれが収まらないほどの怒りは、、最愛の人を

殺された時くらいにしか起こらないと思うのですがねぇ。


怒りはあったが、殺す気は無かった、、でも怒りが収ま

らず暴力行為によって殺してしまった・・、、ということは

あるかも知れませんが・・。


自尊心なんて、、自分の子供の幸せに比べたら、比較

にならないくらい取るに足らない、小さなものです。。


、、ということをその人はまだ知らないのですよね。。


自尊心がある、、ということは、大事なことです、、、人

ですからね。。


でも、それを傷つけられてもどっしりと構えてられる自信

も必要です。。


僕は、子供たちの存在によって多くの自信を得ました。。


もちろん、それだけではないです、、子供たちと一緒に

過ごして来た道には、色々な出来事があり、、それらが

僕に自信を与えてくれたのだと思います。。


、、と僕は思っているので、、その人にこう言いました。。


「早く、結婚して子供を育てた方がいいよ。」、、って。。

 
 
では、また。
 
 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上こちらも願いします。。たらーっ(汗)



posted by えーる at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。