道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2013年02月23日

そこを反省しなくても。。

職場の先輩が頭を丸めて来ました。。


頭を丸めるという行為は、最近ではAKB48の峯岸さんが


話題になりましたね。。




外国人から見ると、「理解できない」、、ということをTVで


見ました。。




確かに、頭を丸めなかったって反省は出来るし、、逆に、


頭を丸めても心の中では反省してないかも知れません。




まあ、それは置いておいて、、


その先輩が何故頭を丸めたというと、、




先輩曰く、、「大人気ないことをしたから。」、、と言うの


です。。




詳しく訊いてみると、、


仕事上のことで、ある新人(入社2年くらい)に注意を受


けたそうで、、




その注意は、僕が想像するに、新人の善意が含まれて


いたのではないか、、、と思っているのですが、、




まあ、それも置いておいて、、


その先輩は、「そんなこと言われなくてもわかってる!、


、余計なこと言うな!」、、と怒鳴ったそうです。。




入職30年以上の人間が、たかが2年くらいの新人女子


を怒鳴ってしまった・・、、ということを反省したそうです。。




でも、その後の言葉を聞くと矛盾点がありました。。




「でも、あいつ(その新人女子)とは、もうまともに話はし


ない!」、、と憤慨していました。。



僕はこう思いました、、↓


「だったら、反省しなくてもええんちゃうんかなぁ。。」、、


って。。




もう二度とまともに会話する気がないくらい憤慨したなら、


そこまで怒らせた新人が無礼だったということ、、


、、だと僕は思うのですよ。。




「だったら、反省しないでその新人女子をきちんと教育す


ればいいのに。。」、、と思ったのです。。




口に出しては言いませんでしたがね、、




僕なら、そんなことで「大人気ない」なんて思いません。。


先輩として後輩の無礼を叱ることは、必要なことだと思う


ので。。




頭を丸めるエネルギーを、そっちの方に向けて欲しかった


ですね。。




今後は、その新人女子とはまともに会話することなく、影


で悪口を言う、、ってことになりますからね。。30年の大


ベテランが・・。




ありえない。。




では、また。。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)


posted by えーる at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

厳しく育てられたら。。子供に甘くなる。。??

「私だからお父さんの娘として耐えていられるんだからね!」


、、という娘の言葉をふと思い出しました。。




娘が中学2年生くらいの頃だったと思います。。




当時、娘にとって僕の厳しさが大きなストレスになっていた


んだと思います。。




その言葉を聞いて、僕は実は嬉しかったのです。。




「他の子だったら耐え切れずに家出してるってことか?」、と


思うと、耐えられる娘に育ったことを喜ぶべきだと思ったから


です。。




僕にそのことを主張したことも喜ぶべきことでしたね。。




娘は、幼い頃、僕が怖すぎたせいか、叱ると泣いてしまって、


「言いたいことがあったら言え!」、とこちらが聞く姿勢を見せ


ても、全く言葉が出ませんでした。。




僕は、「あかん、、、このまま大きくなってしまうんか・・?」、、


、、って心配していました。。




他人が見ると、、「まだ無理でしょ。」、、と思うくらい幼かった


かも知れませんがね。。




でも、僕は3人の子供たちに対して、それぞれのキャパシティ


を考慮して厳しくしてきました。。




決して、甘やかすことをしませんでした。。




「嫌われてもいい。」、、という覚悟もありましたね。。


まあ、それと同時に「嫌われない」、、という自信もありました


が・・・、、(笑)。。




かつて、父が僕にこんなことを言いました。。




それは、まだ長男坊が小学校に上がる前、、確か、末っ子が


1歳になったくらいの頃だったと思います。。




家族5人で実家に帰った時、僕は久しぶりに父と将棋を指し


ました。。




盤面は、ある程度コマが動き、お互いいい局面になりつつあ


った時、それまでおとなしく見ていた長男坊が、いきなり盤上


のコマを、、ぐちゃぐちゃ!、、とやったのです。。




僕は瞬時に激怒して、長男坊に張り手をお見舞いしました。。


長男坊は吹っ飛びましたね。。




それを見た父が驚いていたのを覚えています。。




で、そのことを父が他界する一年くらい前に父に覚えている


か、訊いてみたところしっかり覚えていました。




その時、どう思ったか訊いてみると、、


「「あんなに叩いたら子供に嫌われるやろ・・。」、って思った」


、、と言っていました。。




僕は、その言葉を聞いて、さらにこう訊いてみました。。


「なら、父さんが自分のお父さんにあんな風に叩かれたら、、


嫌いになってたってことか・・?」




これに対して、父は考える間もなく「そうや」、、と普通に答え


たのです。。




「俺とは考え方も価値観も違うからしょうがないか・・。」、、と


ある程度納得するも、内心はちょっと残念な気持ちもありまし


た。。




確かに体罰ではあります。。あまり良くないことです。。




でも、叩かれたからって嫌いになるなんて、親子関係って、、


そんなに希薄な関係ではないと思うのですがね。。




僕は、子供の教育に関しては、、子供が大人と同じくらいの


体格になるまでは、厳しくするべきだと思っています。。




大人でも「自分に厳しくある」、、ということはとても難しいこと


ですよね。。




仕事をしているとよく分かります。。


厳しい上司がいない時は、勤務スタッフの気の緩み具合が


目につきますね。。




厳しい上司がいると、空気が変わります。。




つまり、大人でも、多くの人間は自らの力だけで己を律する


ことは困難だと言えます。。




誰かの力を借りないと、自分に対して甘くなってしまうもの


なのですよねぇ。。




厳しさを幼い頃から体験すること、、、実際に世間の厳しい


風に当たるまでに免疫力をつける意味でも、、必要なことだ


と思います。。




ああ、、でも、娘が確かこんなことも言っていました、、↓




「自分の子供には甘くなってしまうと思うなぁ、、多分厳しい


親に育てられた人は子供に甘くなってしまうんだと思う。。」




でも、僕は、娘が現時点でそのことに気がついていることが


重要だと思っています。。




あとは、彼女がその時々で考えることですね。。


まあ、、子育ては母親と父親が協力してやっていくものだか


ら、娘の考えがそのまま現実化するとは思えませんが。。




自分の子供たちが、それぞれ自分の子供を育てていくとき


がいつかは来ます。。




楽しみです。。




では、また。。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

顔で笑って。。心で怒って。。

久しぶりに、首、肩が重い感覚を味わって、目をつぶって


いないと心が落ち着かない状態になってしまいました。。




なんとか、午前中は仕事をこなしましたが、午後からは


無理でした。。




「早く横になりたい。。」、、という気持ちが大きくなって、、


重たい足取りで職場を出ました。。




電車に乗って帰宅して、すぐに横になりました。。


目をつぶって気持ちを落ち着かせようとしました。。




その内に眠ってしまいました。。


2時間ほど眠りました。。




最近、ストレスが溜まって来ていることは、自覚していま


した。。




怒りっぽくなっていました。。




怒りを表面に出すことでストレスを逃がしていたのですが、


それも限界が来たのでしょうね・・。




疲れました。。




穏やかに過ごしたいです。。




まあ、明日は明日の風が吹くので、、今日の辛さはない、


、、と思います。。




さあ、がんばろ。。っと。。




では、また。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

結婚。。って。。

巷では、結婚出来ない女性、結婚できない男性、、という


適齢期の男女が増えているそうですね。。




何でそういう風になってしまったんでしょう。。




日本経済が低迷したから・・?


うーん、、、それを理由にするのはおかしいと思います。。




結婚に対する考え方が、「家庭を築く」、ということになって


いるのでしょう。。




「先々、生活が苦しくなることが予想される結婚には踏み


切れない」


ってことですよね・・。




考え方がおかしいです・・。




人間、いつ不自由な身体になるか分からない、、だから、、


安定なんて望まないことです、、、「結婚=安定」、、なん


て図式、、実際にはありえませんしね。。




確か、キリスト教徒の結婚の誓いのときには、、


「健やかなる時も、病める時も、○○○○○○。。」、、と


いう言葉がありますよね。。




つまり、結婚は、お互いはどんな状況になろうと、「一緒に


いたい」、という気持ちがあるかどうか、、で決めるものです。




理想論ですかねぇ。。




相手の魅力の内、経済力が大きな比重を占めていた場合、


病気になって働けなくなったら、「一緒に暮らす気はない」、、


ってことですかね。。




そんな結婚は、たとえ健康体でいられたとしても、いつかは


破綻すると思いますよ。。




男と女が共に白髪になるまで一緒にいる、、ということは、、


相手の欠点や弱点、見苦しいところや情けないところ、など


も含めて、認め合うということです。。




もう、この人以外にはありえない、、とい思う気持ちがないと


無理なことです。。




恋というものは、一瞬で発熱するもの、、だからこそ、その逆


もあります、、つまり、一瞬で冷める・・。




でも、愛というのは、そんな簡単なものではありません。。



元々、血のつながりはなく、育ってきた環境が違う人間同志


だからこそ、築き上げたものは、最初から存在する親子愛と


は、、格が違う、、と考えてもいい。。




「結局、他人だから。。」、、という台詞は、まだまだ人間愛と


いうものを感じるほど成熟していないのだと思います。。




結婚するということは、子供が授かろうが、授かるまいが、、


お金があろうが、なかろうが、、健康体でいられようが、いら


れまいが、、「一緒にいたい、協力して生きていきたい。」、、


、、という思いがお互いにあるかどうかだと思います。。


 


では、また。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

モチベーション。。

先日、職場で女性二人のこんな会話を耳にしました。。


「私は必要とされている中でないと、仕事は出来ない。」


その言葉を聞いて相手の女性は、、


「私は、「あなたはね、、この職場には必要ないってこと


なのよ。」、、って言われたから、もう、「必要とされたい」


、、なんて思わない、、以前はそんな思いも仕事をする


モチベーションの一つとしてあったけど、今は全くない。。


そんなことを期待していると、傷つくだけだから・・。」




続けて、、


「もう、お金を稼ぐためだけに仕事をしてるの。。そう割り


切らないと、余計に辛くなるから・・。」




と、言っていました。。


 


僕も、かつて、ある上司にかなりキツイ内容のことを言わ


れたことがあり、、「うつ病」の辛さって、その病気の辛さ


だけじゃなくて、周囲に理解されないことなんだ、、という


ことを実感しました。。




いえ、理解されないどころか、逆に、「悪人」扱いされる、、


、、いや、「悪人」というのはおかしいですね、、「お荷物」


、とか、「足でまとい」、とか、「給料泥棒」、、そんな扱い


ですね・・。




直接的にそんな内容のことを言われたのは、、ある上司


からですが、、周囲でも、影で同じようなことを言っていた


、、ということを僕は気がついていました。。




まあ、凹みましたけど、受け入れるしかない、、耐えるし


かない、、という思いで、ずっと仕事を続けて来ましたけ


どね。。




そして、僕の場合は、以前のブログの通り、、、↓


 

人が退職を決めるとき。。




いい上司がいたので、そんな状況でもやっていけたので


す。。




尚且つ、給与を減らしてもらって、、、↓


 

月収。。5万円減。。喜びとともに。。

とうとう収入が減ります・・。でも、いいんです。。




重荷を降ろすことが出来たので、とてもラッキーだったと


思います。。




だから、今、僕はお金のためだけに働いているのではな


いのですよ。。




先述の、二人の会話を聞きながら、、そんなことを思って


いました。。




会話に入っていこうとかな、、と思いましたが止めました。


「もう、お金を稼ぐためだけに仕事をしてるの。。そう割り


切らないと、余計に辛くなるから・・。」、、と言った女性の


気持ちも分からないではないですから。。




いつか、彼女にも、お金を稼ぐこと以外に仕事のモチベー


ションが出来ることを願います。。




子供たちに、こんなメッセージを送ったことがありました、↓




「仕事はお金を稼ぐためだけにするものではない、、


、、そのことを忘れるな。」




社会に出て、辛いことも沢山経験するでしょう、でも、誰に


なんと言われようと、、自分の子供たちには、仕事の目的


をお金を稼ぐことなど、、自分の利益のためだけにしてしま


わないことを願いますね。。




では、また。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。