道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2013年01月28日

土俵。。

人生の優劣は、「勝ち負け」で決めるものではありません


が、「勝負」も一つの大きな意味を持つことは確かです。。




でも、自分が勝負する「場所」は、自分が決めればいいの


です。。




自分の性格や能力に合った土俵を見つけて。。




でも、多くの人は見つけられていないのではないでしょう


か、、、?




もちろん、ケースによっては、「もう、この世界で生きていく


しかない、、、ここで負けたら終わりだ・・。」、、って、自分


を追い込むことも必要です。。以前のブログのように、、↓

 

20代の過ごし方。。


でも、そこまで追い込んだとしても、やはり、負け(、という


表現が適切でないかも知れませんが・・)る人、、つまり、、




その世界では認められず、、「成功」を手にすることが出来


なかった人、、というのは当然います。。




だからといって、人生において、「負け」、というレッテルを


自分で貼ることはないです。。




周囲がレッテルを貼ろうが、そんなのは気にすることはあり


ません。。




世界は広いです。。色んな場所があり、色んな人がいて、、


色んな文化があります。。




世界というのは、、世の中、、という意味です。。




会社の中でも、、部署が変われば人間の質が変わります。




自分のキャラクターが、そのチーム(部署)には必要だった、


、、って場合があります。。




「キャラ」、、と表現しましたが、、本来は仕事をする場です


から、必要なのは、「スキル」、、と考えがちです。。


 


しかしながら、実際には資格や技術だけが、その人の能力


ではありません。。




結局のところ、会社は組織、、つまり、大きなチームです。。




そして、それは、各部署、、という小チームの集合体です。。




「個」、、だけで仕事をしている訳ではありませんし、会社


というチームが求めるものは、「個」の出す結果、、ではなく、


チーム全体が出す結果です。。




ですから、「個」に求められるものは、チーム内で、チームの


結果に繋がる何かを発揮する力(能力)です。。




そして、それは、「個」によって様々なはずです。。




全員が同じ能力を持つ必要性はありません。。


ありません、、というより、、同じ能力を持たない方がいい、、


、、と言った方がいいかも知れません。。




同じ能力を持つ者を集めても良い結果が生まれて来ない


でしょう、、




何故なら、、それは、、チームというものが、、「人間の集


まり」、、だから。。




月並みですが、、野球に例えると、、、




足が速い人がいたり、バントが上手い人がいたり、ホーム


ラン(長打)打てる人がいたり、、、




、、そう、、、4番打者ばっかりを揃えても、、決して強い


チームは作れないのです、、




これらは、攻撃に関してですが、、守備に関しても言え


ることです。。各ポジションは、特化した才能を持つ人が


選ばれるのです。。




そして、ベンチの中や、外部スタッフ、、など、、チームが


結果を出すには、特化した役割をこなす人たちが必要な


のです。。




役割というのは、、明るいムードが作れる、、というのも


大切な役割です、、これは、「スキル」とは違いますよね、


、もって生まれたもの(雰囲気)、、、、と考えていいと思


います。。




これといっていい仕事をするわけではないが、、「チーム


の潤滑油として、、必要な存在だ、、」、、と思わせる人。。


そんな人材もいるはずです。。


 


野球に例えましたが、、他のチームスポーツにも言える


ことですよねぇ。。




チームスポーツというものには、携わっているだけで、、


自然と身についていくものが沢山あり、、社会で必要な


ことがとても多いのです。。




自分が勝負する土俵は、、最初に自分が目指したところ


とは、、違ったところにあることにも、、いつか、気づかせ


てくれます。。


 


自分が勝負する土俵、、、見つけましょう。。


 


では、また。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

余生。。そして、、人生の終焉には。。

歳をとって、定年を迎えても新たに仕事をする人が増えて


いるような気がするのですが。。。




僕が勤めている会社には、パート勤務で働いている70歳


くらいの人が結構いるらしいです。。




週に3〜4日程度で、午前中、あるいは午後3時くらいまで


の勤務体系らしいですから、多分月に5〜8万円くらいの


給与でしょう。。




小遣い程度ですよね。。




まあ、大きいと言えば大きいですが、、本当に必要なお金


なのでしょうか。。




少し疑問に思います。。




他にやることがなくて、家でゴロゴロしているだけなら働い


た方がいいのでしょうが、年金で暮らしていけるなら無理に


働かなくてもいいと思うのですがね。。




それより、引退したお年寄りには、日本経済活性化のため


にお金を使って頂きたいですね、、




お金は回さないといけないものです。。




何億と貯めていたって、使わなければただの紙切れですし。




歳をとればとるほど、余生は短くなるわけだし、、、今日死ぬ


、、って確率は高くなっていくわけですからね。。




自分のためにも、また、社会のためにも、お金を眠らせるの


ではなく、活かして欲しいですね。。




僕の父は自営業でしたから、定年はなかったのですが、、


多分70歳くらいからは働かずに、悠々自適に暮らしていた


と思います。。




悠々自適と言っても無趣味なので、これといってあまりお金


の使い道がなかったのですがねぇ・・、、、でも、時々、母と


旅行に行ったりはしていたみたいですが・・。


 




さて、、余生をどう生きていくか、、もちろんそれは、、人それ


ぞれです。。




TVドラマか、映画だったか、、覚えていないのですが、、


あるセリフで、「人間、歳をとればとるほど、人のために生き


よう、、と思うものだよ。」、、という言葉を想い出います。。




人生の終わりには、自分が生まれて来た意味を自覚したく


なるものなのでしょうね。。




そして、良い行いをして、心を清くして死にたい、、と。。


その気持ち、すごく分かります。。


誰かの役に立ちたい、、という気持ち。。




でも、、おそらく、多くの人間は、その意に反して、、誰かの


介護を受けなければ生きていけなくなります。。




介護問題は、介護される側も、介護する側も大きなストレス


となることですよね。。




介護疲れで自殺する人や、親を殺してしまう人がいます・・。




すごく不幸な結末です。。




なんとか出来ないものですかね。。




僕は、自分の身体が思い通りに動かなくなったら、、自分の


意思で人生を終わらせたい、、と思っています。。




でも、、自分の身体が動かないわけですから、、、自死、、と


いうことは出来ません、、




だから、、法律で安楽死を認めて欲しいです、、、医学の力を


借りることになります、、倫理問題に引っかかるのでなかなか


認められないと思いますが・・。




子供たちに、「俺、○月○日の○時に人生を終わらせるから」


、、という意思を伝えて、、、その日に集まってもらう、、




そして、、一人ひとりに最後のメッセージを伝えて、、


、、、「ありがとう。」、、と言って、お別れしたいです。。




では、また。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

人間育成なくして・・。。

先日、TVで世界でも認められている物作りの職人を育成する


会社の様子を見ました。。




スポットを当てられていたのは、高校を卒業してすぐにその世界


に入った女の子でした。。




その会社は何十年も前に創業しており、創業時から丁稚制度


を導入しています。。




新人は、数年間、衣食住を保証されていますが、給料はなし、


年間の休みは数日、、という厳しい世界です。。




確か、丁稚を5年、お礼奉公を3年やって、やっと一人前になれ


るらしいです・・。




丁稚の間は男も女も区別なく、『丸刈り』でした・・。




そして、恋愛は禁止。。




携帯電話はおろか、普通の電話すらかけることは禁止されて


いました。。




もちろん、親にもです。。




通信手段は手紙しかありません。。




起床は4時か5時、、新人は、街の掃除から朝が始まります。。




会社は、物作りの工場ですから、やはり音が発生します、、、


周辺の一般住民の方々に迷惑をかけている、、という理由で


街の掃除をしているそうです。。




これは苦情を受けたからではなく、創業から独自で始めたよう


です。。




社長が語る人材育成の根幹は、『人間育成』でした。。


「人間としての育成なくして、人に認められる物は作れない」、、


、、ということです。。




これは、物作りに限ったことではないと思うのです。。




どんな職業であろうと、人間の育成に手を抜いてはいけないと


思うのです。。




先人の義務だと僕は思っています。。




でも、大多数の社会人は、そんなことを考えていませんよね。。


いや、考えているかも知れませんが、それを実行しようとしてい


ません。。




人と人が、協力し合うことで成立する社会なのに、、




教育は早い内からほどこさなければ、ある程度甘やかしてしま


ってからでは、修正するのにとても時間と労力がかかります。。




自分の子供の教育に置き換えてみるとよく分かることなのに、、




他人の教育には気を遣うのでしょうかね、、先人が後輩の教育


をしなくなったら、世の中はおそらく堕落していくでしょう。。




大切なことは、きちんと後世に伝えていかなければいけないの


に・・。




他人に無関心な人たちが増えていることに気づきます。。




自分の世界だけで生きている人間が増えている、、ということ


ですよね。。




もちろん、全ての人は、自分が人生の主人公ですから、自分

を中心に物事を考えていくのは当然です。。




でも、自分と関わる周囲の人たち、、いえ、周囲だけではなく、


会ったこともない人たちからも、多大な恩恵を受けているから


こそ、自分という個体が存在し得る、、、ということを忘れては


なりません。。




会ったこともない人たち、、というのは、例えば、とても大切な


ところでは農業関係の人たちです。。




僕たちは、一人では生きていくことが出来ない、、ある意味で


とても弱い生物だということを自覚しなくてはいけません。。




ああ、確か以前にも同じような内容を書きましたね、、↓



一人で出来ることを知る。。すると。。



とにかく、僕たちは、人間の育成なくして、社会の育成はない、、

ということを再認識し、人間同志のつながりを大切にするべき

です。




より良い社会をつくっていくには、そいうところを軽視してはいけ


ないと思うのですがねぇ。。




では、また。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

それぞれの巣に。。

年末に子供たち3人が帰省して、久しぶりに家族が揃い


ました。。




久しぶりだからこそ、その雰囲気が懐かしく、そして、ある


意味で新鮮でした。。




一緒にいたのは、4日間くらいでしたが、丁度いいくらい


でした。。




男2人は、既に僕より大きいので、家族が揃うとリビング


がとても狭く感じられます。。




子供たちが大人の身体になっているのに、親と一緒に


暮らしている、、、なんて、僕の子育ての中に、その概念


はありません。。




でも、世の中には沢山いるのですよ、、働いているのも


かかわらず、実家から出ない、、、という大人が。。




親自身が子供と一緒に暮らさなければ生活が成り立た


ない、、というのであれば、、つまり、親が病気だとか、、


あるいは、あまりにも歳をとっているとか、または、お金


がない、、とか。。




そういう理由なら、子供は親孝行として、一緒に暮らす


のですから良いのですがね。。




親は親で暮らしていける、、そして、子供も自分の稼ぎ


で生活していけるのなら、自立するべきです。。




「親と一緒に暮らしているけど、家にはお金を入れている


から。」、、というのは、全く自立になっていません。。




親に甘えて生きている部分が大いにあるはずですから。




そこをちゃんと認識するべきです。。


親も子も。。




ああ、、以前にも同じような内容を書きましたね。。↓


 

出来の悪い子ほど可愛い。。でも。。
可愛いだけじゃあ。。




子供たちの同級生の話をたまに耳にするのですが、、


20歳を過ぎても、まだ実家で暮らしている、、という子


が多いのです。。




親はずっと子供と一緒に暮らしたいのですかね。。




子供もずっと親と一緒にいたい、、、なんて思っているの


でしょうか・・?、、僕には良くわかりません・・。。


 


久しぶりに子供たちと過ごし、、それぞれ、また自分の巣

に戻って行ったあと、、ふと、思ったことです・・。




では、また。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

夢が増える。。

いやぁ、、一年は本当にあっという間に過ぎますね・・。



思い起こせば昨年は色々ありました。。


大きなことは、やっぱり、自分の今の仕事内容に見合った


給与にしてもらうことで、苦しかった思いがなくなったことで


すかねぇ。。↓

 

月収。。5万円減。。喜びとともに。。



でも、その後、順風満帆に来たわけではありません。。


給与体系が変わることによって気持ちは楽になったと思い


ますが、、、仕事量、、つまり、雑務的なことが増してしまっ


て、、一時は、「あれ?、、こんなはずでは・・。」、、って思い


もありました。。↓

なんでやねん。。?

 


でも、まあ、自分の言いたいことを全て言える立場ではない


ですし、、、、だからと言って、全てを辛抱するのは理不尽な


ので、、最低限言いたいことは言うようにして、今に至りまし


た。。




「うつ病」を発症して、死を覚悟したほど落ち込んでしまった


心と身体は、、6〜7年の時間をかけて、やっといいところま


でやって来ました。。




色々ありましたが、昨年は、内容ある一年でした。。




そうそう、昨年の締めくくりとして、、以前ブログで書きました


「いつか、かつて(若かりし頃に)乗っていたバイクにもう一度


乗りたい」、、↓


 

あの頃の輝き。。?



、、、という願いが叶いました。。




30年も前に造られたバイクですが、元気に走ってくれました。


若い頃やっていた、ウイリー走行は、さすがにやりませんでし


たが、、高速道路を170km/hまで出しました。。




スロットルは、まだ余力を残していましたが、とりあえず、納車


したばかりだし、、メーター自体、そこまでしかなかったので、、


その辺りで止めておきました。。




追い越し車線を走っている前方の4輪に近づくまでの10秒間


くらいでしたが、とてもいい気分でした。。




懐かしの2ストの加速感を味わいました。。




「ああ、、そういえば、このバイクって、、エンジン回してやらんと


、、調子でえへんかってんなぁ。。」、、なんて、思い出しながら。




いつか、このバイクと、前から乗っているバイクで日本中を走り


廻りたい、、と思っています。。




僕の夢が一つ増えました。。


いいことです。。




何かに夢中になっている時、、「生きている」、、って実感します


よね、、、




良い一年になりますように。。




では、また。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)

posted by えーる at 20:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。