道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2012年02月29日

動物の素直さ。。の尊さ。。

動物といっても、僕は全ての動物の行動や生態を知っている

訳ではないので、ここでは一番身近にいる猫(カテゴリ(猫)を

ご覧下さい→)の話になります。。


以前、何処からの情報か忘れましたが、「動物はそこに居たい

から居る」、、というフレーズを耳にしました。


それを聞いたとき、「今、うちに居る猫たちは、それぞれ、自分が

居たいところに居るんだぁ」、、と思いました。。


そして、そう思うと、しょっちゅう僕のそばにいるオス猫と、外か

ら帰宅したら必ず僕のところに挨拶に来るメス猫のなんて愛ら

しいことだろう。。。と、可愛くてしょうがなくなりました。。


人間同志って、そこに居たくなくても居なきゃいけないことって

沢山あるし、、、沢山というか、、人生の3分の1はそうですよね、、

、、


笑いたくなくても、笑わなきゃいけない時もあるし、怒りたいのに

怒れない時もある、、、また、それぞれその逆もあります。。


人間というのは、何て感情を素直に表面化してはいけない生物

なのだろう・・?


笑いたい時に笑い、泣きたい時に泣き、怒りたい時に怒り、、、

嬉しい時には喜び、、、そんな当たり前のことが時と場合により

制限されてしまう。。


、、まあ、それが高等生物である所以でしょうが。。。


でも、本来あるべき人間の姿ってどうなのでしょう・・・?


「素直が一番」、、なんて、子供を育てるくせに、成長に従って

空気が読めない奴は駄目、、という風になりますよね、、


、、でも、時々思うんです。。


周りの目を気にせず、場所を選ばず、素直に感情のままに

生きられたら、どんなに気分がいいのだろう。。って。。


そうそう、「歳をとると(歳寄りになると)、子供に返る」、、と

言いますよね。。


交通量の多い道路を平気で横断しようとするお歳よりを時々

見かけます。。


あの人たちは制御が利かなくなっている状態なのでしょうか?

、、それとも、もともと、そういう人。。?


いずれにしても、「この道を向こうに渡りたいから渡る、今、

渡りたいから渡るんだ」、、という気持ちで渡っているんだと

思います。。。自由です。。。


誰にも気を使わず、、危険とも思わず。。


でも、決してそれが良いという訳ではありません。


皆がそうしてしまうと、秩序が乱れてしまいますからね。。


ルールとか、規制、とかを作らないと人間会が成立しない

ですよね、、


、、そう、、、モラルだけでは、成り立たない・・・。


、、人間って、なんて弱くて恐ろしい生物なんだろ、、って

思います。。


素直に行動すると、秩序が崩壊してしまうことが容易に

想像できますからね。。


あ、、でも、そう思うと、以前ブログに書いた『性善説』の話



性善説。。性悪説。。みなさんはどっち。。



これに矛盾しますかね・・。



まあ、難しいことは置いといて、、動物のなんて素直で愛らしい

ことでしょう。。


これからも、猫たちの素直な行動から、「癒し」と「愛」と「元気」

をもらって、過ごしていきます。。


動物の素直さ。。尊いです。。



では、また。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村 左斜め上励みになるので、1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)


人気ブログランキングへ 左斜め上できれば、こちらも願いします。。たらーっ(汗)
posted by えーる at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

幸せが成立するとき。。

「幸せは自分が決めるもの」、、とよく言われます。。

、、が、、では、自分がそう決める基準は何なの、、?


、、と考えると、結局のところ、「比較」、、という手段が

どうしても頭を出します・・。



というのは、結局のところ、他者との比較ではない

にしろ、自分がもしも手足が不自由だったら、、とか、、

目が見えなかったら、、とか、、借金で夜逃げ寸前だ

とか、、


、、というように、自分がもしもそうだったら、、という

想像上の不幸な自分と比べて、「今の自分はなんて

幸せなんだろう。。」、、と、比較して結論を出している

ことに気づきます。。


、、それって、果たして、真実の幸せなの・・?


と、一つの疑問にぶち当たります。


以前のブログにも同じような内容を書きました。。


「自分は、今、幸せを感じていることは真実です。」

「でも、幸せは、満たされている時に感じるものです。」

「では、『成長し続けたい』という願望や欲求がある僕

の『幸福感』は、真実のものなの・・?」、、という矛盾

について書いています。



矛盾。。それとも。。矛盾じゃない?



↑ とは若干内容が違いますが、「幸せを感じている今

は果たして真実のものなのか・・?」、、という疑問が

わいているのは同じです。。


以前のブログでは、「欲があることで満たされていない

から、、幸せではないのではないか・・?」、ということ。


今回のブログでは、「今、自分より不幸な状態を想像す

ることによって得られる幸福感は、真実のものと言える

のか・・?」、、ということ。


うーん。。


結局、幸せってなんだろ。。?


、、、って思ってしまいます。。


僕は、その日その日を精一杯生きています。。

毎日、その繰り返しです、、


その中で、その瞬間、瞬間で、「幸せだなぁ。」って

感じれば、それはその瞬間の真実なのでしょう。


それでいいのかも知れませんね、、

、、あまり深く考えなくても。。


幸せが成立するときは、その瞬間の感覚です。

それでいい、それがいい、、


その時の感覚、感情を素直に受けとめよう。。


これからも、、、


では、また。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。



posted by えーる at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

ジャイアンは今。。

小学生の頃、ジャイアンだった僕は、授業はボイコットするわ、

気に入らないことがあったらすぐ暴れるわ、とにかく、自己中心

的な子でした。。


何に不満があったのか分からないですが、飼っていた猫に

まで当たっていたクズでした。。


悲しいとか、寂しいとか、という気持ちを抱くような子ではなか

ったのですが、一つだけ、すっごく孤独感を味わったことが

ありました。。


何年生だったかは覚えていませんが、その状況はよく覚え

ています、、


、、、僕のせいで学級崩壊状態だったのを、何とかしようとした

のですね、、担任が、、、


確かホームルームの時間だったと思います。。


担任が、「今日は、〇〇くん(僕のことです)について話し合い

ましょう、、」、、と、いきなり言い出したのです。


、、僕は、、「ん?」と思ったのですが、、

「じゃあ、机を後ろに移動して、椅子だけを前に出して輪になる

ように置いて下さい。」、、、と続けるのです。


僕も含めてみんなで担任の言うとおりにしました。。


で、僕は輪になった自分の椅子に座って、「ん?、、何が起こる

んや・・?」と思っていたら、、


担任が、「〇〇くん(僕です)、、前に出て輪の中心に立ってくだ

さい」、、というのです。


「まあ、いいか、、注目されるのは嫌じゃないし・・。」、、と思って

担任の言うとおりにしました。。


で、次に言い放った担任の一言でさすがの僕も、「吊るし上げに

するつもりか、、」、、と思いました。。


「では、皆さんで〇〇くん(僕です)の嫌なところ、良くないところ、

直して欲しいところ、などを言いましょう。」、、と担任。


でも、「さすがに、俺に直接言える奴はおらんやろ・・」と高をくくっ

ていたのですが、ある女子を皮切りに次々に意見が出て、僕は

一方的に言われ始めました。。


、、自分の悪いところを言われたことが悔しいとか、悲しいとか、

、、、っていうのではなく、、ただ、ただ、自分の味方が一人も

いない、、という状況が辛かったです。。


さすがのジャイアンもその時はこたえました。。


でも、それで改心したかというと、実際は全く変わりはしなかっ

たのですが、、(笑)。


子供ってそんなもんです。。


ただ、振り返ってみると当時の僕に迷惑をかけられた子は多

かったと思います。。


今は、謝罪の気持ちしかありません。。。


今となってはどうすることも出来ませんが。。


でも、その時、他人に与えた苦痛を、今自分が味わっている

ことで許して欲しいをいう思いがあります、、


人の喜びを(+(プラス))、、悲しみを(−(マイナス))、、と

すると、人生、トータルすると、0(ゼロ)になるのだと僕は思っ

ています。。


だから、僕が未だにこの「うつ」の苦しみから脱出できて

いないということは、それまでの人生でよっぽど他人に苦痛

を与えて来たんでしょうねぇ・・・。


、、、勉強になります。。


ジャイアンは今。。苦痛とともに、人生の勉強中です。。


では、また。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。
posted by えーる at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

老眼がすすむ。。それだけでストレスです。。

数年前から、老眼にが始まったのですが、ここ最近、急速に

進んでいるのを感じます。。



こうやって、ブログを書くのも、微妙な距離で書かなくてはいけ

なくなっています。。


しかも、日によって、見え方が違うので、かなり疲れます。。



まだ、近視用の眼鏡を外すだけで、対応しているのですが、、

近いうちに遠近両用の眼鏡を作らなければならなくなるので

しょうね。。


仕事にも、若干影響しているので、見えにくい辛さをなんとか

しなくては、、、とは思っています。。


自分が老眼になるなんて、、、


若い頃は、自分だけはならない、、、なんて、思っていました

が、、やっぱり避けては通れないものなのでしょうねぇ。。


近視でも老眼になるって、、見える距離範囲が狭くなったと

いうことですよね、、


耳の方も聴こえ難くなってきているようで、よく聴き間違いを

します。。


聞き間違いってすごいですよねぇ。。自分で感心するように

上手く聴き間違えるのです。。


その例をメモっておいて、いつかアップしようと思います。。


聞き間違いは、、確認のために聞き返すのであんまり問題

ないですが、見間違い、見誤り、は仕事上問題になる可能性

が大きいので、ストレスを感じています、、


でも、遠近両用眼鏡をかけるにはまだ抵抗ありますねぇ。。


みなさんは、どうですかぁ。。?



では、また。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。



posted by えーる at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

娘の一人暮らしって。。なにが心配って。。

昨年春から大学生になった娘は親元を離れて一人暮らしをしています。

、、といっても、とりあえず、心配だったので「女性会館」という男子禁制


で、朝食、夕食付き、冷暖房完備のところに入れました。。


で、一年が経とうとするところで、奴(娘)が動き出しました。。


完全一人暮らしを目論み、僕がOKを出す物件を探してきました。。


昨年11月頃の話です、、、


まあ、最寄り駅から近いし、住宅街だし、物件そのものも良かったし、

家賃も手頃、、というか、むしろ「めっちゃええとこ住むことなるやん。」

って感じでした、、、僕としては、複雑な心境です。


僕達夫婦は苦学生でした、、夜間の学校に行っていました。

妻は昼間働き、、、僕は夜働き、、お金を工面していました。。


当時は、6畳1間のアパートで2人の生活費は家賃を含めて1ヶ月で

10万円以内に抑えていました。。


、、、遠い過去の話ですが、、それと比べると娘の贅沢感たるや、、


、、いかがなものか、、、、と思ってしまいます・・。


まあ、時代が20年以上違う訳ですから、しょうがない部分はあるかも

知れませんが、、、若いうちから、こんなにいい所に住んでいいものか

、、と思ってしまいます。。



でも、一方で、娘なりにコストを考えて優良物件を探したんだな・・、、と

思うと、認めてやりたくもありました。


まあ、いいでしょう、娘が段々と成長していくために必要なことです。

自炊できない女子のままではいけませんからね、、


娘の手料理をおいしく頂く日を楽しみにしておきましょう。。


実は、もうすぐ引越しです。。天気に恵まれますように・・。




では、また。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。


posted by えーる at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

月収。。5万円減。。喜びとともに。。

いやあ、、月収が5万円減りました。。

自分で選んだ『道』ですから、実はほっとしています。。


減額された給料明細を見ると、若かった頃を思い出しました、、



それと、うまく表現できないですが、


なんか、、「リストラされたけど、すぐに再就職できた」って感じも

あり、給与は減ったけど、これからまた頑張っていこう。。って気

になりました。。


お祝い(?)に、妻と外食しました。。


さーて、しばらく、上2人(長男、長女)が社会に出るまで辛抱です、

、、いえ、辛抱していたのは、今までです、、僕は、心のゆとりを手

に入れましたから。。


幸せでしょうがないです。。

いつも、食事がおいしいです。。


「うつ病」の真っ只中にいた頃は、味覚異常になった上に、食事が

喉を通らなくなっていたのに、、


胃袋に入れても、すぐに戻していました。。。


あの頃、、こんな日が来るなんて思ってもみませんでした・・・。


前回のブログで、人というのは『運』や『環境』に大きく左右される、、

、、、ということを書きましたが、僕は『強運』だと思います。。


今まで、死にかけたことが何回かありますから。。


何かが、誰かが、、僕を生かし続けてくれているんだと、、、

、、感謝しています。。



人生、お金に代えられない『大切なもの』があります。。


それを見つけられた僕は、そのことを忘れずに生きていきます、、

、、今日は、人生の新たな旅立ちの日、、って感じですね、、



何かが変わるとき、わくわくしますよね。。


40代、、50代のみなさん、、、そんな人生を歩みましょう!!

では、また。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。



posted by えーる at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

ホンマでっか!?TV。。情報で思う。。

『ホンマでっか!?TV』、、みなさんご存知ですかぁ?

明石家さんまさんがMCをやっていて、各界の専門家、評論家、学者

などが「それ、ホンマでっか!?」、、という情報を告るんですが、、


さんまさんの絶妙な司会ぶりにより、各キャラクターが活かされ、

バラエティーとしてもとても面白く、かつ、「へえ、、」という考えてみる

と納得できる情報から、「え!」っていう驚くべき情報も満載で、


多分、視聴率も良いのではないでしょうか。。


で、その番組の情報の中で気になったのが、ありまして、、、


それは、ある専門家からの情報なのですが、、、「企業組織の中には

優秀な人材は20%存在するのですが、その20%の優秀な人材全て

が辞めたとしても、残りの人材から、新たな優秀な人材は20%生ま

れる。」、、、というのです。


僕は、「ほお、、」と納得しつつ、でも、「それって限界があるのでは?」

とも思いました。


まあ、限界まで調査することは無理な話なので、それは置いといて、、

、、気になったのは、、というか「人間って、やっぱり、環境や、運に

かなり左右されるんだな・・」、、と思いました。。


辞めていったその20%の優秀な人材が、残っていたとしたら、新た

な優秀な人材は生まれて来なかった、、という訳ですよねぇ。。


、、それって、つまり、本人の努力以外の『運』、、というファクターが

大きく影響した結果だと思うのですよ。。


古い話ですが、野球マンガ『キャプテン』を思い出します、、


今、40〜50代の男性の方で知っていない人の方が少ないのでは

ないでしょうか。。?


名門、青葉学院中学の2軍の補欠で、ほとんど球ひろいだった彼

が、転校先の墨谷2中で成長して『キャプテン』となって、、、

、、そして、青葉中と互角の勝負を繰り広げるまでチームをも成長

させる、、というストーリーです。


結果、彼は青葉中の監督に「何故、あの子はうちにいたころ、球

ひろいだったんだ・・」、、と、選手を見る目がなかったことを監督に

反省させる程のすごい選手になるのですよ。。


フィクションですが、運と環境によって人間が大きく変化する例と

して、ちょっと懐かしいマンガをあげてみました。。


もちろん、彼の並々ならぬ努力があってこそなんですがね。。


『キャプテン』、、、久しぶりに読みたくなって来ました。。

今度、Book OFF でも行ってみよ、、っと。


人間、皆、自分が輝ける環境が何処かに存在するんですよ。


。。と、僕は思います。


たぶん、それを探す努力をするか、、また、勇気を持てるか

どうか、、ということですよね。。


今の環境に満足すれば、そのチャンスを自ら放棄したことに

なります。


ですが、人並みに生活を送れる状態なら、リスクを冒してまで

他の環境に移る勇気はなかなか持てないものですよねぇ、、


守るべきものがあると特に・・。


僕は今幸せです、、ですが、やはり、いつか、自分が輝く場所を

見つけますよ!!


では、また。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。
posted by えーる at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

妻。。VS。。猫

今、うちには2匹の猫がいることは以前のブログに書いた通りです。




僕にとっては、どちらもすっごく可愛い愛すべき猫です。。


ところが、妻は後からうちに来たオス猫を嫌っています。。

「猫に見えない。犬みたい。私、犬嫌いだし。」、、と行って可愛が

ってあげません、、


猫の方も、自分のことが嫌いなのが分かるらしく、妻が動くと、、

「何!?、え?、、ん?、、何かされる、、??」、、という恐怖の

表情を浮かべます。。


だから、基本的にはそのオス猫は僕のそばにいます。

大体はひざの上です。それか、そばにゴロンと横になって、

お腹を見せるよう可愛い格好をします。。


お腹をなでてあげると喜びます。。


とにかく行動や性格が可愛いのです、、、というのも、運動神経

や頭がすこぶる悪いので、、そのおバカさんぶりと、どんくささ

ぶりが僕に癒しを与えてくれます。。


まず、ジャンプが出来ません、、、具体的にはコタツほどの高さ

に飛び乗るなんて絶対無理です。。そして、降りることすら出来

ません。。(笑)


おバカさんぶりを例にあげると、、、


僕のことが好きですから、よく後追いします、トイレの中まで入っ

てきます、、、


僕が風呂に入っていると、ずっと出るまで脱衣所で待っているの

ですが、僕が出て、妻と交代しても、何故か脱衣所でずっと、、

僕を待っているのです、、たぶん、僕がまた入ったと思ったので

しょうが、、脱衣所から「みゃあ、みゃあ、、」と、そこにはいない僕を

呼び続けています。。


妻に「ばか!、、私だよ!」っと怒鳴られても、呼び続けています。


なんだか、おもしろい光景ですよ。嫌っている同士ですからね。。


そのほか、見た目も愛らしいです。

顔が丸く大きいです。そして、手足がめっちゃ短いのです。


もう6歳くらいになるのですが、今でも子猫のようにじゃれますしね。


毛が多くて長めなので、顔をうずめたくなります。

全く嫌がらないので、僕はほぼ毎日顔をうずめています。。


そうそう、普通の猫って、ちょこんと後ろ足を曲げて、、、ようするに

腰を落とした状態ですね。。この状態を後ろから見ると、ひょうたん

のようなシルエットでなんだか愛くるしいじゃないですか。。


でもね、うちのそのオス猫はそういうポーズがとれないのです。

。。前足も後足もすべて短いために。。


ただ、、後頭部がとても頼もしいです。

頭部がやたらと大きいためです。


(いいアングルが撮れたらアップしますね。。)



妻、、VS、、猫、、、、、、毎日です。。


もちろん、虐待しているわけではありませんよ。。


妻が動くと猫は気になって見てしまうじゃないですか?

、、、敵ですから(笑)、、で、妻は見られているのが嫌なので、、

、、「こっち見んな!」、、と怒ります。。(笑)。



なんか、楽しー、、、、のですよ(^^)。。


では、また。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。
posted by えーる at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

『世界に一つだけの花』。。の賛否。。

「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」

、、、このフレーズは確かにいい、、、


、、、でも、「いい」と思う一方で、「本当にそれでいいのか?」、、

、、、と思う自分がいます。


この歌のメッセージは、本来、「他人と違っていいのだよ」、、と

いうことなのでしょう。。


でも、「ナンバーワンにならなくていい、もともと特別なオンリー

ワン」、、というフレーズは、「競争しなくていいよ、もともと人は

それぞれ特別な存在なのだから」、、という意味が含まれてい

ます。。。よね。。?


問題は「競争しなくていいよ」、、というところです。。


「ナンバーワンにならなくてもいい」、、、、なんて、、、「努力しな

くていい」、、ということに近い気がします。


努力というのは今の自分より更に上を目指す意思と行動です。。


そして、その努力が実って上の位置に行ったとします、、そしたら、

更に上の山を目指さないと、そこで成長は止まります。。


、、、という風に考えると、結局、一番上を目指して努力を続けて

いく、、ということが大切なことだと思うのです。。


もちろん、人生色々ありますから、努力が報われず、むしろ、落ち

てしまう場合もあります。。


でも、だからといって、「その落下地点にとどまっていていいよ」、、

、、という訳にはいきません、、「あなたは、もともと特別な存在なの

だから」、、という慰めを鵜呑みにして。。。


少なくとも、僕が求めていることは違います。

人生は成長するためにあります。。だから、ナンバーワンと目指し

ます。。オンリーワンであることは言われなくても当たり前ですから。


、、、という自分の考えですが、、賛否両論あると思います。。


努力が嫌いな人もいるでしょうし、人生出来るだけ楽して生きたい、、

、、と思って過ごしている人もいると思いますから。。



でも、僕は、自分の子供たちには、常に上を目指して欲しいですね。

、、常にというのはもちろん健康な状態だったら、、という条件つき

です。。


病めるときもあるでしょう、、そのときは休憩タイムです。

、、病んでいることに気づかないで頑張るのも駄目です、、そのとき

も休憩タイムです。


僕みたいな精神疾患になってしまいますからね・・。


『世界に一つだけの花』、、いい曲です。


誤解のないように追記します、、好きな曲ですよ、、慰めの曲です。

凹んだときにはぴったりです。。


、、という捉え方をすれば良いのです。。


僕は、物事を多面的に見るようになりました。

これも病気のおかげです。


「苦しんでこそ、得られるものあり」です。。


父がよく言っていました。。


『苦労は買ってでもしろ』、、と。。


最近、どんなタイトルから書き始めても、こんな感じになって

ブログが終わりますね・・。


自分自身に勇気を与えるかのように、、、

誰も言ってくれないので、、、(笑)、、


そうそう、最近、調子いいときと悪いときがはっきりして来ました。


これって良くなっている兆候なのでしょうかね・・。

ふり幅の大きい精神状態です、、、僕が目指す人生『道』と同じ

です、、(笑)(↓)
 

地位。。お金。。下がったって。。いいじゃ
ない?





まあ、良しとしましょう。。



では、また。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。

posted by えーる at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

話をぶった切る妻の真意。。

先日、野球部寮に入っている高1の次男坊が、寮でインフルエンザが

流行し始めたので、一時寮解散となって帰宅してきました。


次男坊は「同部屋のやつがインフルになっても俺はならなかった。」

と、自分の免疫力の高さを誇示していました。


因みに、長男坊は高2の頃、インフルエンザ流行が終焉を迎えた頃に

罹患してしまった、、、という、、ちょっと「おいおい、、、」という、懐かし

くも情けない話があります。。



いえ、情けない、は訂正します。長男坊は、罹患しても、「ただの風邪

でした」とインフルエンザ罹患をかくし、遠征に行き、試合にも出ました。

この点は、男気を感じました、、、、余談ですが。。


話を戻します。

次男坊がインフルエンザに罹患する、しないは、僕にとってはそれほど

気にはしていませんでした。


それより、カテゴリ→野球をご覧の通り、次男坊は野球肘という、厄介

なものをかかえています。高校に入ってから、シニア(中学硬式野球)

時代とは練習量が多くなったので、肘痛が悪化しました。


病院にかかると、手術かリハビリか、という選択肢を医師から提示され

ました。


結局、後者を選んだのですが、やはり肘を使いすぎると、つまり、多投

や、遠投をすると肘痛が発症します。


「プロを目指すなら手術をすすめる。」と医師には言われましたが、

リハビリの先生には「身体の使い方を良くすれば、肘にかかる負担は

少なく出来るから、これくらいなら手術の必要はない。」と言われ、

野球経験者だった、そのリハビリの先生の指導をあおぐことにしたの

です。



次男坊は寮生活ですから、その後、どうなったか何の音沙汰もなか

ったので、インフルよりそっちの方が気になっていました。


で、僕と妻と次男坊で車で出かけた時なのですが、、

僕は次男坊から、その辺の話(リハビリ)を、詳しく聞こうと話をして

いたのですが、、


急に、妻が話を割って入ってくるのです、、

「ねえ!、〇〇って、〇〇だっけ?!」、、って、、


「それって、今聞かなくてもよくね?」、、って内容です。。


当然、僕と次男坊の話は中断し、変な空気になり、、


真剣に詳しく次男坊の肘の状況を知ろうとする僕の気持ちは

飛ばされてしまいました。。


まるで、こっちがそんな話をしているのが悪いような感じにさえ

なってしまいました。。


以前、それはまだ次男坊が自宅で一緒に生活していた頃の話

ですが、、、僕にこんなことを言っていました。。↓


「お母さんは大事な話をしようとしてるのに話をぶったぎる!」

「「ああ!、、もう!」ってなるぅ!」


それを思い出しました。


次男坊が言っていたのはこのことか!、、と思いました。。

次男坊にその場で確認したところ、、「そうそう!、ね?、「ああ!、

もう!」ってなるっしょ?」、、と次男坊。。


でも、妻にも言い分がありました。↓

「気がついたときに忘れないようにすぐに確認しておかないと、

いつまでーも二人で話してるから、割って入らないと無理!」

、、だそうです。。


分からないではないですが、話をぶった切るのは良くないです

よねぇ。。


まあ、今回は次男坊が言っていたことの真相が分かったので

良しとしておきましょう。。


妻に悪意はないのですから。。


因みに、次男坊のリハビリは順調だそうです。。。良かった。。


では、また。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ←励みになるので、押してください。。

←できれば、こちらも願いします。。

posted by えーる at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。