道の日記      













@With 人気Webランキング



@ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

ブログの殿堂





2016年06月07日

猫に。。感謝です。。

失明しそうで通院治療中だったうちの猫ですが、その後、耳も聞こえなくなって来て、、

1人で鳴いていることが段々と増えて、、

なんだか、迫り来る闇と無音という恐怖と戦っているようでした。。

毎日、励まし、その恐怖をなんとか乗り越えてくれ、と願っていました。。

治療開始から10日ほどして、再診した獣医師の診断は、『回復は見込めません、耳も聞こえなくなって来ているとしたら、脳に病変がある可能性が高いです。MRIを撮って、それが分かったとしても、手術に耐えられる年齢ではないし、成功する可能性も低いです。手術すら出来ない部位かも知れません。つまり、MRIを撮っても、現在の病状の原因が分かるだけで、お勧め出来ません。このまま、この子の寿命まで、この子とお家の人が過ごしやすいようにしていくことが最善だと思います。夜鳴きが酷くてお家の方が眠りにくいのなら、この子が夜に落ち着くように精神を安定する薬を飲ませる、という方法があります。この子にとっても不安から解放されるでしょうし。』と言われました。

薬は徐々に効いてくるものと、即効性のあるものの2種類がある、という説明を聞いて、僕ら夫婦は後者の方を選択しました。

早く不安を除いてあげたかったからです。

薬は功を奏して良い感じに夜を過ごすようになりました。

僕らが朝起きる頃に、猫も起きて行動し始めるという、良いパターンになりました。

仕事から帰宅したら、相変わらず、目は見えてない感じで、耳も聞こえないよう、、

でも、餌はちゃんと食べてるし、トイレもしていました。

特に変化のない日が数日続きましたが、、

ある日の夜、、眠るように息を引き取りました、、泣、、


僕は眠れませんでした 


翌日は仕事を休みました

色々思い出して、時々込み上げてくるものに抗うことなく、涙しました、、

午前中はずっとそばにいてあげました

午後、庭に埋葬しました

今までありがとう

また、いつか会おう



猫に感謝です。。






posted by えーる at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

猫。。失明。。しそう。。

猫が失明しそうです、、

家のメス猫の方の眼があまり見えてないようで、恐る恐る階段を上り下りするようになりました、、、

見えなくなって来た不安感からか、鳴き声も以前聞かなかったような声で鳴くのです、、、

猫の眼と言えば、2013年9月、右眼を失いかけた出来事↓

から、もう3年近く経っているんですよね、、、

あの時『命の大切さを、強く強く感じた出来事でした。。』を綴っているように、今回も改めてそう感じさせてくれました、、

五体満足で生きていることがいかに幸福か、、

当たり前のことのように錯覚していますが、普通に過ごせていることは、奇跡です、、

奇跡の繋がり、奇跡の連続が、この世で生きていることだと思います

まだ子猫だった、この猫との出会いを思い出しました、、

野良猫でした、、呼ぶと寄って来て足元にまとわりついたので、抱っこして車に乗せて連れて帰りました

あれから、、13年は経ってます、、

あと何年一緒に過ごすことが出来るのか、、

いつか、別れは来るんですよね、、

皆、平等に、、


時々、猫が色々教えてくれます

感謝です



獣医師によると、失明したとしても、日常生活に大きな支障はないそうです、、

段々と慣れて、普通に行動出来るようになるとのことです

『この子の場合、急激に視力が低下したから飼い主さんが気づきましたが、徐々に視力が低下する場合が殆どで、飼い主さんは気がつかないんことが多いのですよ』と言われました

急性の視神経炎を疑い、薬を飲ませています

『視力が回復する可能性がまったくない訳ではないので、しばらくち治療しましょう』とのことでした

少しずつでも回復してくれるといいな、、

では、また。。






にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

にほんブログ村 左斜め上1クリック下さい。。ダッシュ(走り出すさま)





posted by えーる at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

『子育て』の終わり。。(続き)

前回の続きです

僕にとっての『子育て』の終わりとは、、

行き着いたところは、、というと、、

子が親になり、今の僕と同じような思い、つまり、自分のとっての子育ての終わりについて考えるようになった時、とすることにしました、、、

確実に、社会人としてはもちろんのこと、人としても、親としても成長しているはずですからね、、

ただ、そうすると、僕の子育てはまだまだ終わらない、、ということですよね、、

経済的支援は必要なくなりますが、これから子ども達が更に成長していく上で必要な情報を提供したり、相談に乗ったりしながら、

最も近しい先人として、彼らの人生をサポートして行こうと思います

基本は、『干渉せず、そして放任せず』です

社会人1年生2年生なんて、まだまだ未熟です 

自分のその頃を振り返ると、ガキもいいところです

50年以上生きて来て、やっと、人としてまだまだだなぁ、、と思っている僕ですし、

生きていることだけで苦しかった、自死の念慮を抱いていた期間を乗り越えた現在でも、

まだまだだなぁ、、って思ってます

最近よくニュースで、普通の子が、普通の大人が、大した理由でもないのに悪に染まる話題を耳にしますよね、、

法的に裁かれなければいけない程の犯罪に手を染めてしまう、、

そんな事件が、普通にテレビから流れて来ます、、

ストレス社会になってしまったことが大きな要因でしょう、、そしてストレスを解消する手段や方法が多様化して、それを容易に実行に移せる世の中になったということが、その背景にあると思います

だからこそ、社会秩序を守って生きていく上では、自分の精神をコントロールすることが、とても重要な鍵を握っています

そして、これからの若者達に、そのことを習得させていくことが、先人の役目の一つとして大切なことだと思います

社会に出でしょうも、先輩達の指導を受けるのは、その大半は仕事に関することです

人との繋がりが希薄になってゆく世の中、、

人間形成まで含めた指導を会社ぐるみで取り組んでいるところは、めったにありません

利益追求を最優先してしまうのが、企業組織ですからね、、

人間は、色んな分野で、発見や、研究を重ね、新しい物をどんとん造って来ました

倫理問題に触れることも増えました

もう、何でもあり、、というか、、人間が自然界で生かされていることに対して、

なんか、無視してるかのよう、、


僕が100年後の人間たちの事を考えるのは、無意味なことかも知れませんが、100年後も200年後も、僕の遺伝子を受け継いだ者たちがいると思うと、少しは考えてしまいます

どんな世の中になっているのでしょうね、、

『子育て』の終わり、、というものを考えている内にこんなことまで考えてしまいました、、

とにかく、僕のにとっての子育ての終わりは、

子が親になり、今の僕と同じように子育ての終わりについて考えるようになった時、とすることにしました

では、また。



posted by えーる at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

子育ての終わりとは。。

親として思うこと

親の責任はいつ解かれるのか。。つまり、子育てはいつ終わるのか。。ってことを、最近考えるようになりました

、、というのも
3人の子供のうち、上2人は社会人になり、まあまあな会社で、まあまあな給料をもらい、一応、それぞれ、これからの人生を考えながら生きて行ってるのが、感じられるようになり、

また、今春から3人目が浪人生活を経て大学生になり、そして、大学での目標も、更にその先も彼の中では決まっているこということで、僕の子育ては終わりに近づいてるんだなぁ。。

って思ったからです

でも、実際、子育てっていつ終わるのか、、って考えると

子育ての目標地点は『親の力を借りることなく生きていける存在にすること』ですから、単純にこのことだけを考えれば、社会に出した時点で子育ては終わることになるはずです

でも、少し深く考えてみました

『親の力を借りることなく生きていく』というのは、経済的な面から言われることが一般的でしょうが、金銭的な支援はある意味で側面でしかありません

確かに、親が子供に出来ることは、子供が大きくなるに従い、出資の比重は大きくなっていくように感じます

大学生で親元から離れて一人暮らしさせている場合がそのいい例ですよね、、

でも、、、親がそういう風に感じてしまうだけ、、あるいは、そう感じたいだけなのではないでしょうか。。

金銭的比重が大きくなる、つまり、『お金を出してやること』が親として出来る子育ての最終段階の行動。。

果たして、そうでしょうか。。


この見解は価値観というか、子どもの育て方、また、その考え方に左右される、ということです

子はある程度大きくなったら、自分の力で自分の世界を広げながら色々経験して、失敗して、反省して、前に進んで行く。。親の力を借りず。。

失敗せずに進んでいくより、失敗から学んで進んでいく方が、人は成長するし、後々に遭遇するであろう困難を解決するスキルと、根性というか、精神を培うことになりますからね

だから、子の成長に伴い、手を掛けることを減らしていくことになる。。

そして、子は『親にサポートしてもらってる』という意識が自然に薄れ、親も『サポートしてる』っていく意識が薄れる

何かあった時だけ助ける。。という感じに。。

この時点での『助ける』というのは、親だから、ということではなく、先人として、、という意味合いが強くなります、、

そういう親離れ子離れが理想形でしょう。。

そして、これは、一つの教育方針です

正解、不正解は、その後に分かることなのかも知れませんね。。

先述の通り、見解は価値観、子どもの育て方、また、その考え方に左右される訳ですからね。。

ただ、一つ言えることは、過保護も、放任も人を育てるいう観点からすると決していいことではない、ということです

僕のとっての生きることの意味の中に、人を育てる、ということがあります

これは、自分を育てることに必ず繋がりますから、僕の生きる意味の大半を占めることになります

自分は死ぬ間際まで成長すると信じてますから

ということで、とりとめのない話題でしたが、

『子育て』というカテゴリーで、子どものことはもちろんですが、僕自身がもう子に伝えることはないな、、お互いに成長したな、、と思える時を、僕の中の『子育て』の終わりとすることにしました

そこで、行き着いたところは、、



長くなったので、続きは次回に。。

では、また。











posted by えーる at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

久々のブログ更新です‼︎

ちょー久しぶりのブログ更新、、

半年以上ぶりの更新になりますねー


完全に職場復帰してから半年経ちました


まだ、手の痺れは残っているのですが、まー何とかやって行けてるので、大丈夫でしょ

時々、首が痛くなったり、コシが痛くなったり、ってのはありますが、仕方ないですね

頚椎と腰椎のヘルニア

上手く付き合って行きますよ

手術しても良くならない場合もあるようですし、リスクを犯す必要はないですね

また、痛くなって長期休職になったら、その時はその時です

3ヶ月を目安に保存的治療で対応して行くことがベストだと、今回(2回目の)休職で確信しました

痛みと、痺れまでの症状で留まっている内は手術は必要ないです

神経的に動かなくなったら、これは神経圧迫から来るものでしょうから、しっかり検査して、対応したいと思います

とりあえず、復帰して半年以上は経過したので、無理をしなければ、しばらくは働けるでしょー

ただ、まだボウリングが出来ない状態なので、ストレスが溜まりますが、、

整体の先生から、まだダメと止められてるので、守っています

まずは、筋力を徐々に付けていくこと、と言われています

歩くだけでいいそうですが、、

確かに、あんまり歩いてないですね、、

仕事は、立って、上半身を使うことが多く、移動する距離は少ないです

そう考えたら、労働環境良くないなー、、

まー仕方ないですけどね

精神的な病気の方は、薬の量が増えることも減ることもなく、ある意味で安定しています

とにかく、働けるようになって良かった、、

無事、新年も迎えられたし 

何よりです

色々感謝です



何らかの理由で休職中の皆さん

焦らずに、そう、色々と休ませる期間だと思って、ゆっくりして下さい


焦りは禁物ですよー


では、また。






posted by えーる at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

やっと。。仕事復帰。。なるか。。

3ケ月に渡った長期の病気休暇に、ようやく終止符を打ちます。

と断言はまだ出来ないのですが、

ようやく、とりあえず、テスト期間として復帰します。

時短勤務でしばらくは様子見です。。

ヘルニアの再燃が見られなければいいのですが、、

こればっかりはやってみないと分かりませんからね、、

という訳で、病欠の終わりを迎える断言はまだ出来ないのです。。

でも、ここまで来ました。。

思い起こせば、食事やトイレに起きることすら激痛に耐えながら、やっとのことでした。。

あの頃と比較すると、気持ちも身体も軽いものです。

痛みは、まだ少しありますが、日常生活に支障があるレベルではありませんからね。

問題は、労働となるとどうなのか、、ってところですね。。

丸々2ケ月は殆どベッドの上でしたから、筋力が落ちてます。見た目からも、胸筋がすごく落ちたのが分かります。。

肋骨が見えてますから。。

これ、元にもどるのか、、って感じです。。

前回も、今回と同じくらい動けなかったけど、こんなに筋肉は落ちなかったはず。。

歳をとったせいですかね、、

ヤバイです。。笑

筋肉、、また鍛え直さなければ。。

こんな状態では、ボウリングはもとより、バイクも乗れない。。

自分が自分でなくなりそうです。。

って、弱気になってる訳ではないのですが、焦らないようにしないと、急いで元の身体に戻そうとすると逆に壊れますからね。。

僕の欠点です。。

精神的にやれることところまでやってしまう。。

肉体的には限界を超えてるのに。。

やれてしまう。。

そして、壊す。。

明らかに短所です。。

なんとかコントロールしなければ。。

では、また。





posted by えーる at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

もう。。梅雨に入るのか。。早いな。。

復職はまだ見えて来ない上に、あの、ヘルニアにも、精神的にもあんまり良くない梅雨がやって来ますね。。

この期間に、復職出来る気がしないです。。

梅雨のせいにしてはいけないのですが、そうしてしまった方が楽になれるかな、、とも思います。。

僕の身体は、非常にメンタルに依存しています。。

最近、良く分かりました。

と、いうことは、メンタルを上向きにしていれば、身体もそうなっていく、ということなのですよね。。

これが、一人では、なかなか難しいことなのですよね。。

そういう意味でも、人は決して一人では生きて行けないもの、、ってことが分かります。。


とにかく、自力で無理なら、他者の力をお借りしてでも、沸き上がる不安を排除していかなければいけませんね、、私の課題です。。

『なるようになるさ』で行かないと。。

それに、死ぬほどの病気ではないし

ずっと働けない、、、とは思えない程度だし

梅雨が明けた頃、復帰、出来たらいいなぁ、、て感じです。。

ただ、バイクに乗れないのが痛いです。。

まあ、バイクも、梅雨に入ったら元気でも乗れないことの方が多いから、これも仕方ないか。。

では、また。







posted by えーる at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 頚椎症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

休職生活。。終止符はいつ。。

病気療養により、休職して2ケ月半が過ぎました。

さすがに、長いです。

最初の頃は働けないほどの、、というか、何もしてなくても、常時激痛でしたから、『働かなきゃ』という気持ちなんて全く消失してたのですが、、

1ケ月過ぎると、少し焦り出し、2ケ月過ぎるとかなり焦って来ましたね、、

『治ってないんだから仕方ない』って、理屈では分かっているのですが、性格上どうしても、『早く働けるようにならなきゃ』って、思いますね。。

前回、その焦りで失敗したから、同じ失敗は繰り返すことはないですが、それでも、焦りは出ますね。。

まあ、あとどれくらいで、実際に現場復帰出来るのか分かりませんが、働ける方向に進んで来た証拠ですね。。

もう少しの辛抱なのでしょう。。

辛抱、、僕の1番苦手なことですが。。

この中途半端な期間の何とも言えない焦ったさが、治癒を遅くしてしまうのでしょう、、

楽しいことだけ考えよう。。

では、また。






posted by えーる at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 頚椎症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

頚椎症状再発。。

頸椎症性神経痕症が再発してしまいました、、
これくらいなら、仕事終わりに治療院に通ってなんとかやっていけるかな、、って思ってたのですが、、

痛みが常時続くようになり、手のしびれが増して来て、、

とうとう、ちゃんと眠れなくなってしまいました、、

とういうことで、休職することになりました、、

鬱病になった前回を思い出します、、

前回の失敗は、ギリギリまで耐えていたこと、そして、焦って早く仕事に復帰しようとしていたことですから、今回はゆっくりゆったり治して行こうと思います

自分がいなくても困る人はいない

多少所属チームの一人あたりの仕事量が増えてしまうけど、復帰してから返せばいい

と、思うことにしました、、

でないと、心がまた病んでしまいますから

自責の念が1番厄介です

身体が病んでるのに、心まで病んでしまっては復帰どころじゃありませんからね

前回の反省点です

やむなく休職しなければいけなくなってる方、焦らずにゆっくり治して下さい

それから、休職出来ない、と思って無理している方、考え方を変えて下さい

治してから頑張ればいいんです

無理していいことなど一つもありません

無理がたたる、という言葉がありますが、無理は必ずたたると思って下さい

そして、自分にも、自分を本当に必要としてくれる人達にもさらに大きな損失を与えることになります

どうぞ、休んで下さい

一度失敗した者からのアドバイスです



posted by えーる at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 頚椎症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

医療に求められるもの

知人が癌治療を始めて1年が経ちます、、
現代では癌に対する認識が、昔のように、死に直結している、、って感じは薄れているような気がします

良いことです


医学の躍進により、限局されたもので、早期ならかなり高い確率で根治出来るようになってますし、進行していても、色んな治療方法が進歩しているので、根治していなくても5年、10年と、長い年月生存している方はいらっしゃいます、、

また、最近では、癌は大きくならなければ治療する必要はない、、という見解を持っているドクターもいると聞きました、、

癌は、元々は自分の細胞です

何らかの理由で悪性化してしまったものです

良性化しなくても、それ以上悪化しなければ取り除かなくても、共存していける可能性はある、、という考え方でしょうか、、

辛い治療で心身を疲労させてしまうより、経過観察で様子を見ながら、、って方法は、罹患している人の生活の質を重視する考え方です

癌は恐れなくてもいい、、って時代はそんなに遠くないかも知れません、、

色んな選択肢があっていいと思います、、

身体が病んでいても、心が病まなければ、人は充実した日々を送ることが出来ると思います

でも、、それは、難病の原因を解明したりするのと同じ様に凄く難しくことなのに、医療が進歩した現代においても、その部分は罹患している本人任せにしている感があるのが残念ですね、、

医療が病と戦っている人のためにあるなら、そこの部分も一緒に進歩して行ってもらいたいですね

進んでいないとは言いませんが、追いついていない様な気がするのは私だけでしょうか

では、また。




posted by えーる at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。